正式にリリースされたWord for iPad

日本でも正式にリリースされたWord for iPad

いよいよ、iPad版のOfficeがリリースされました。海外では先行してリリースされていましたが、ようやく日本でも、正式に利用可能になった形です。ここでは、ワープロであるWord for iPadにフォーカスしてレビューしましょう。なお、同時にiPhone版のWordも機能強化されましたので、こちらもあわせてレビューします。

利用するにはMicrosoftアカウントでサインイン

Word for iPadのインストール方法は、通常のiOSアプリと同じです。このページからiPadにインストールするだけです。

起動すると、最初に簡単な説明が表示されます。左にスワイプしていくと、最後にMicrosoftアカウントでのサインインを求められます。すでに持っている方は、[サインイン]をタップしてサインインしてください。持っていない方は、[アカウントの作成]をタップして作成することもできます。サインインが完了したら、準備完了です。

なお、[後でサインイン]をタップすると、サインインしないままWord for iPadを利用することも可能です。ただし、文書の編集はできないので、実用性は大きく低下します。ぜひ、Microsoftアカウントでサインインして利用することをおすすめします。

最初に説明が表示されるので、左にスワイプしていきます

最初に説明が表示されるので、左にスワイプしていきます


Microsoftアカウントによるサインインを求められます

Microsoftアカウントによるサインインを求められます


[サインイン]をタップしてサインインします。Microsoftアカウントのメールアドレスとパスワードが必要です

[サインイン]をタップしてサインインします。Microsoftアカウントのメールアドレスとパスワードが必要です


サインインが完了すると。このメッセージが表示されるので、[無料で作成および編集する]をタップします

サインインが完了すると。このメッセージが表示されるので、[無料で作成および編集する]をタップします


テンプレートの一覧が表示されました。[白紙の文書]をタップします

テンプレートの一覧が表示されました。[白紙の文書]をタップします


新規文書を作成する準備ができました

新規文書を作成する準備ができました


機能はWindows版ワードの20~30%といった印象