里芋のにんにくごまソースがけ

所要時間:30分

カテゴリー:メインのおかず蒸し料理

 

里芋のにんにくごまソースがけ

蒸した里芋をニンニクとすりゴマの和風オイルソースにつけていただきます。
ニンニクは皮付きのままオーブントースターで加熱するとホクホクで甘くなり、生のまま使うよりも香りが穏やかになりますよ。前菜やおつまみにもぴったりの1品です。

里芋のにんにくごまソースがけの材料(2人分

里芋のニンニクごまソース
里芋 200g
ニンニク 2片
すりゴマ 小さじ1
醤油 小さじ1/4
エクストラバージンオイル 50ml

里芋のにんにくごまソースがけの作り方・手順

里芋のニンニクごまソースがけ

1:

里芋はよく洗い、皮付きのまま蒸し器に入れて強火で約20分蒸す。触れるくらいの熱さになったら皮付きのまま2等分にし、器に並べる。

2:

ニンニクは皮付きのまま小皿などにのせてオーブントースターで7分ほど加熱する。

3:

ニンニクが焼けたら薄皮をむいてフォークなどであらく潰し、すりゴマ、醤油、オリーブオイルを加えてよく混ぜ、ソースを作り、器に盛る。里芋にこしょうをふって、ソースをつけていただく。

ガイドのワンポイントアドバイス

里芋は蒸し器がない場合は電子レンジで竹串がスッと通るまで加熱します。加熱時間は調整してください。また、オーブントースターに入れたニンニクの薄皮が焦げる場合がありますので、ときどき中の様子を見るようにしてください。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。