テカった肌に「あぶら取り紙」を使ってはいけない?

脂性肌の人は化粧崩れが気になる

脂性肌の人は化粧崩れが気になる

気温が高くなるにつれて、顔のテカリが気になってきます。
「あぶら取り紙は使わない方が良いですよね?」時々、こんな質問を受けます。多くの方が、肌表面の皮脂を取ると、さらに皮脂が出てしまうため使わない方が良いと思っているようです。

あぶら取り紙は皮脂を増やすという説がありますが、ガイドはそうは思いません。むしろ、浮いてきた皮脂をそのままにしておくことで、酸化した皮脂が肌に悪影響を与えてしまうのです。あぶら取り紙がダメなのではなく、適切な方法で皮脂を取ることが大切であると覚えておいてください。

それでは、テカリの原因と対処法についてお話しします。


テカリの原因、それは過剰な皮脂分泌

肌がテカる原因、それ皮脂です。皮脂は皮脂腺という皮膚の器官から分泌されます。分泌量に関しては、多いところとそうでないところがあり、身体の部位によりかなり差があります。

分泌には性ホルモンとステロイドホルモンが関与しています。皮脂は毛を伝って皮膚表面に排泄され、皮膚表面および体毛に薄い膜を張ります。それにより、皮膚や体毛を保護する役割があります。一方、困ったことも起こります。皮脂が分泌されることにより肌のテカリが起こり、メイクも落ちやすくなります。毛穴に詰まると、ニキビの原因にもなります。

多くの方が誤解をしていますが、汗腺と皮脂腺は違います。汗だけで肌はテカらないのです。メイクが水だけではほとんど落とすことが出来ず、オイルで落ちやすいことからも分かるように、メイク崩れは汗よりも皮脂によって起こりやすいということも覚えておいてください。

次ページでは「脂性肌の人が気を付けたいホームケア」について紹介します。