今回はこんな質問が届きました
「クッションファンデーションでメイクをすると、化粧が崩れて顔がテカテカに!どうしたらいい?」

Q.プチプラのクッションファンデを使っています。つけたてはヒンヤリして気持いいのですが、午後にはファンデーションが崩れてテカテカになってしまいます。オイリー肌の私には向かないでしょうか?(20代・パートアルバイト)

 
クッションファンデを使うとメイクがよれる&崩れるのはなぜ?

クッションファンデを使うとメイクがよれる&崩れるのはなぜ?

 

A.クッションファンデは、そもそも肌をツヤツヤに仕上げます。化粧下地やパウダーで調節を!

リキッドでもないパウダーでもないクッションファンデーション。下地要らずで、スキンケアした後にすぐ使えて、持ち歩きもできてとっても便利。韓流女優さんのようなツヤツヤ&ピカピカの肌しかも水分が多めで、保湿効果が高く、手間をかけずにツヤツヤ肌になれると人気のアイテム。もちろん私も愛用してますよ!

クッションファンデのツヤって、ちょっといきすぎるとそれはテカりにもなり得る……当然オイリー肌の人は、ツヤツヤからテカテカ、最終的にギラギラになっちゃうのよね。それでも使いたい~って場合は、下準備をしておけば大丈夫!
 

テカりやすい肌は、スキンケアと専用下地で化粧崩れ対策を!

オイリー肌の人は、化粧水を皮脂コントロールするものにしたり、Tゾーンや小鼻といった特にテカりが気になるところは、皮脂を抑えるケアをしておきましょう。さらに下地も同様に、テカリやすいところにはテカリ防止の専用下地を使ってね。とりあえず、ファンデーションをつける前の肌の状態を、手で触ったときにサラサラにしておくこと! これが第一段階。

あと、クッションファンデはつける量が難しいって声も多いみたい。スポンジにどれぐらいついているかわかりづらいので、ついついつけ過ぎてしまうことも多く、これもテカリの原因に。

頬や額などは、スポンジの面を使ってポンポン軽くたたきこみつつ、広い面につけましょう。そして、スースーっとスポンジを軽く滑らせて全体になじませ、小鼻など細かい部分はスポンジの角を使って薄くちゃんとフィットさせること。

ちなみに、私はクッションファンデをブラシでつけてます。ツールを変えてつけると仕上がりも違ってきますよ。ブラシだとより適量を薄くつけられるので、より素肌っぽく仕上げたり、面をつるんときれいに見せたいところは重ねづけしたりと、微調整もやりやすい。ブラシは以前もご紹介したM・A・Cのメイクブラシがと~っても使いやすく、スポンジでつけるよりテクニッいらず。クッションファンデのブラシづけも試してみて下さい。
 

仕上げにフェイスパウダーを使えば、さらに化粧持ちがアップ

さらにクッションファンデをつけたあと、フェイスパウダーを重ねると調整できて、持ちもぐんとよくなるからおすすめ。フェイスパウダーはツヤを抑えたいところを中心に、薄く重ねます。さらりと肌が落ち着きますよ。

パフでつけるより、大き目のフェイスブラシでササっと薄くつけると、ツヤをほどよく残しつつ、ギラつきを抑えてナチュラルな仕上がりに。色のつかないルーセントやラベンダーなら、クールな印象の透明感がアップされておすすめです。フェイスパウダーは、ファンデーションがフィットしてから、さっとつけましょう。フィットしてないとムラになるのでご注意くださいね。
 

山本浩未さんのおすすめアイテム

くすまずに透明感が続く、肌サラサラパウダー
セザンヌ UVクリアフェイスパウダー

セザンヌ UVクリアフェイスパウダー

 

軽くてサラサラのパウダーが明るく澄んだ肌に仕上げる。テカリ防止パウダー配合で余分な皮脂を吸着し、崩れを防ぐ。透明なルーセントの他、ラベンダー(P1)も。お手軽価格なので2色使いわけてみては?セザンヌ UVクリアフェイスパウダー 01 (ライト)680円(税抜)/セザンヌ化粧品

 

クッションファンデーションの関連Q&A

クッションファンデーションのパフは毎日洗うべき?
クッションファンデの後にパウダーはいる?いらない?

 
 

山本浩未さん プロフィール
さまざまなメディアで大人気のヘア&メイクアップアーティスト。取り入れやすいメイクテクが、幅広い年代の女性に支持される秘密。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。