にんじんのソムタム:にんじんのタイ風サラダ

所要時間:10分

カテゴリー:サブのおかずサラダ

 

にんじんのソムタム:にんじんのタイ風サラダ

ソムタムはもともとはタイ東北地方やラオスの料理ですが、いまやタイ全土で親しまれている人気の料理です。入れる具材や味はさまざまですが、今回は日本でも作りやすいように、人参を使ったものをご紹介します。

にんじんのソムタムの材料(2人分

にんじんのソムタム:にんじんのタイ風サラダ
にんじん 大1本
ミニトマト 3~4個
さやいんげん 4本
桜えび 大さじ1 (または干し海老)
ニンニク 1/2片 
赤唐辛子 1/2~1本
レモン汁 大さじ1 (あればライム汁)
ナンプラー 大さじ1/2
きび砂糖 小さじ1/4 (あればパームシュガー)
落花生 大さじ1 (砕いたもの)
干し海老を使用する場合は、水戻しをしたあとみじん切りにしてください。

にんじんのソムタムの作り方・手順

にんじんのソムタム:にんじんのタイ風サラダ

1:

にんじんは皮をむき、ピーラーなどでなるべく長い細切りにする。
いんげんは3cm長さに折り、ミニトマトは半分に切る。

今回は専用のピーラーを使っていますが、包丁でせん切りにしても。

2:

石臼やすり鉢などににんにく、赤唐辛子を入れて叩き、桜えびも入れてさらに軽く叩く。
トマト、いんげんを入れて軽く潰し、にんじんを入れてトントンと叩く。
ナンプラー、きび砂糖、ライム汁を入れてかき混ぜ、なじんだら砕いた落花生を入れて混ぜる。
器に盛り、キャベツなどを添える。
あれば香菜の根を入れるとさらに香りがアップします。

ガイドのワンポイントアドバイス

今回、唐辛子はタイ産の冷凍ものを使用しています。鷹の爪を使う場合は、水で戻した後みじん切りにしてください。石臼やすり鉢がない場合は、赤唐辛子とにんにくをみじん切りにし、材料をすべてビニール袋に入れて外から揉むように味をなじませてください。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。