シガラボレイ(白チーズの春巻き)トルコ料理の定番

所要時間:10分

カテゴリー:メインのおかずフライ

 

トルコ料理:シガラボレイ(白チーズの春巻き)

白チーズとハーブを詰めて揚げたトルコの定番の軽食。朝食やお酒のおつまみ、小腹がすいたときなどにおすすめ!

シガラはタバコ、ボレイはべストリーの意味。タバコの形をしていることからその名がつけられました。トルコではユフカと呼ばれる小麦粉から作られる薄ーい皮に巻いて揚げるのですが、日本では手に入りにくいので、春巻きの皮で代用します。

中身は白チーズ&イタリアンパセリが定番ですが、サラミやピーマンのようなもの、じゃがいもなどを加えることも。中身を炒めたりせずに和えるだけ。とにかく簡単にできるトルコのスナックをぜひお試しください。

トルコ料理:白チーズの春巻きの材料(2~3人分

トルコ料理:シガラボレイ(白チーズの春巻き)
フェタチーズ 50g
イタリアンパセリ 大さじ1~2 (みじん切り)
春巻の皮 5枚
こしょう 少々
適量

トルコ料理:白チーズの春巻きの作り方・手順

トルコ料理:シガラボレイ(白チーズの春巻き)

1:

ボウルに白チーズを入れてくずし、イタリアンパセリ、こしょうを入れて混ぜる。

2:

5等分にし、春巻きの皮にのせる。たばこ状にくるくると細く巻き、水で溶いた小麦粉(分量外)で巻き終わりをとめる。

3:

中温に熱した油で香ばしい色がつくまで揚げる。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。