2日目 自然の観光名所が盛りだくさん、アイフィヨルド村

アイフィヨルド村

ヨーロッパ最大のヴォーリングフォッセン滝はアイフィヨルドの目玉スポット Photo: Asaki Abumi

ウルヴィーク村での観光を楽しんだ後は、11:15にフェリーに乗って約30分でEidfjord(アイフィヨルド)村へ移動(バスでもアクセス可)。ハダンゲルフィヨルドの最奥に位置するこの地域では、観光バスでめぐるヨーロッパ最大のヴォーリングフォッセン滝が人気スポットとなっています。この日も地元のホテルで1泊。詳しくは別記事「アイフィヨルド村への旅」で。

3日目 アイフィヨルド村からロフトフース村へ

ノルウェーのフィヨルドホテル

フィヨルドと果樹園に囲まれた贅沢なウレンスヴァン・ホテル Photo: Asaki Abumi

ノルウェー最長の橋

ノルウェー最長のハダンゲル橋 Photo: Asaki Abumi

翌日はアイフィヨルド村から14:40発のフェリーに乗って約95分でLofthus(ロフトフース)村へ。快晴に恵まれれば、フェリーからの景色も抜群で、片時もカメラを手放せません。たまたま私が乗った日は久々の雨模様だったようで、気を利かせた運転手さんが船内アナウンスで「今日は雨が続くようです。残念ながら僕も空の上で天気を操っている人とは連絡がとれません」と軽い冗談を言い、旅行者をくすっと笑わせていました。

フェリーでは途中で「ノルウェー最長のつり橋」(1380メートル)といわれる2013年8月に開通したばかりのハダンゲル橋(Hardanger Bridge)の下をくぐります。ロフトフース村に到着したのは16:15。この日はノルウェーでベストホテルに数えられる「ホテル・ウレンスヴァン」に泊まりました。このホテルの景色やブッフェは最高ランク! 詳しくは別記事「ノルウェー王室御用達、トロルの舌一押しホテル」にて。

4日目 ノルウェー絶景の岩場「トロルの舌」へ!

トロルの舌

ハダンゲルフィヨルドで最も有名な場所となったトロルの舌。世界中から旅人が訪れる Photo: Asaki Abumi

いよいよ「人生で一度は行ってみたい」場所として有名なノルウェーの絶景の岩場「トロルの舌」への登山日! 前日はホテルでゆっくり休み、早起きをしてトロルの舌があるSkjeggedal(シェッゲダル)へバスで向かいました。さぁ、この日の結末は!? 続きは別記事「ノルウェー絶景の岩場トロルの舌へのアクセス」にて。

こんな場所もある!トロルの舌へ最も簡単にアクセスできるオッダ町

オッダ町

トロルの舌に最も近いオッダ町 Photo:Asaki Abumi

オスロから直接バスで最寄のオッダ町に向かうアクセス方法もあります。
詳しくは、別記事
「トロルの舌へアクセスが簡単なオッダ町/ノルウェー」
「ノルウェーの絶景「トロルの舌」登山客に人気のホテル」

旅のあと残り少しです。次のページへ。