通勤時間の短縮で自分の時間を取り戻す

通勤時間

あなたの通勤時間、何時間ですか?

格差社会と言われる昨今ですが、金持ちにも貧乏にも、平等に与えられた資源は「時間」です。誰にも束縛されずに、自由に使える時間が多ければ多いほど、暮らしは豊かになると思います。家族と食卓を囲む、趣味や勉強にいそしむ、好きなTVを録画ではなくリアルタイムで楽しむ、などなど。

では、1日の生活時間のどの部分から、自由な時間を捻出しますか?

睡眠時間、ただでさえ不足気味でこれ以上削ると仕事へ悪影響をおよぼしそう。家事にあてる時間、これも平日は最低限料理、洗濯が中心ですから、更に手を抜くとなると、生活自体が荒んできます。このように消去法で考えていくと、残るは通勤時間くらいではないでしょうか。


平均通勤時間は片道56分

アットホームが5年以内にマンションを購入した都内勤務の子持ちサラリーマンを対象に調査した結果、平均通勤時間は片道56分、理想の通勤時間は片道35分、通勤を苦痛と感じるのは60分以上で、86分になると限界!なのだそうです。

また、通勤時間が長くなるほど、睡眠時間が短くなる、通勤時間が長いほど、共働きの割合が低くなる傾向にあるそうです。

このような結果を見ると、改めて通勤時間の短縮をめざしたいと思いませんか?


通勤時間30分短縮で捻出できる自由な時間は?……次のページ