希望を表す黄色い花

希望を表す黄色い花

美味しいものを食べて栄養を吸収したら、お腹をスッキリとさせて、また美味しくいただきたいですよね。便秘気味という方は、老廃物をお腹に持ち続けている状態。お腹はポッコリするし、お肌には吹き出物も出やすいし、おまけに、お腹もなんだか重く気分もすぐれないという感じで困ったことづくめですね。そんな事にならないように便秘解消術を今回はご紹介します。忙しい朝は、オイルなしでも大丈夫ですので、腸のバランスを整えてくださいね。


Essential Oil

Essential Oil

便秘におススメの精油

  • フェンネル 古代ギリシャやエジプトでも健胃作用や解毒効果を持つ精油として親しまれてきた精油で、スパイとしてしても有名です。生薬では「茴香(ういきょう)」と呼ばれ、胃の働きを正常にし、ガスを排泄する作用を持っています。
  • オレンジ 橙色のオレンジは、私達の心に元気を与え、弱った胃の働きを改善させてくれます。
  • レモン 爽やかな香りのレモンは、体内の酸を中和し、消化機能を向上させます。
  • ローズマリー 「若返りの水」としても有名なローズマリーは、血行を促し、消化を促進する作用を持ちます。
  • スィート・マージョラム 古代より人々に愛され、ヨーロッパでは「長寿」の象徴とされてきた植物。身体を暖め、ガスの排泄を促す作用を持つため、便秘の解消にも効果的です。


 
便秘解消アロママッサージのやり方

臍を中心に,ゆっくりと左回りに

臍を中心に,ゆっくりと左回りに

1. お腹に両掌を載せ、臍を中心に大きく左回りに円を描くようにマッサージします。お腹の緊張をほぐすように、暖かい手でゆっくりとしたマッサージがおススメです。







 
Zの文字を描くように

Zの文字を描くように

2. 右肋骨の下に両掌を置きます。
小さな円を描きながら、Zの字を描くようにマッサージして、腸の蠕動運動を促します。






 
排泄を促すように、上から下へ

排泄を促すように、上から下へ

3. お腹を、上から下に軽く押し込むようにマッサージして排泄を促します。






 
臍を中心に,ゆっくりと左回りに

臍を中心に,ゆっくりと右回りに

4. ゆっくりと大きく深呼吸をしながら、お腹に両掌を載せ、臍を中心に大きく右回りに円を描くようにマッサージします。
腸が上手に動き出したら、腸の動きを感じることが出来たり、お腹の音が感じられるようになりますよ。






 

便秘にならないために

  • 排泄リズムとリラックス
  • Flower

    便秘解消には、Relaxも大切

便秘予防には、リラックスも大切。実は、排泄時は副交感神経が優位な状態なのです。便秘予防には、食事と排泄のリズムを作ってあげる事が大切と言われますが、+αでリラックスする事も心がけてください。

  • 腸を冷やさない
体が冷えすぎると、胃腸の働きも低下しします、冷えにも注意しましょう。冷え予防には、発汗作用を持つ岩塩にお好きな精油をプラスしたフットバスがおススメです。

  • お食事にも注意を
便秘防止には食事にも配慮してくださいね。食材食物繊維や水分を充分にとるよう心掛けてください。

  • お腹スッキリハーブティー
Herb

ハイビスカス、フェンネル、ローズヒップ

フェンネル
スパイスとしての方は有名なハーブですが、体内に溜まった毒素の排泄を促す働きがあります。

ハイビスカス、ローズヒップ
ローズヒップやハイビスカスには、ビタミンCが多く含まれていることは、皆さんご存知だと思いますが便秘にもおススメのハーブです。ビタミンCは、腸内の善玉菌を増やし腸内環境を整える効果があるとともに、腸の蠕動運動を活発にする働きを持っています。但し、ビタミンCの摂りすぎは、軟便や下痢の原因になりますので注意ください。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。