「アントニオ・ガウディの作品群」への道

カサ・パトリョ

カサ・パトリョ。巻き貝状の天井に貝のようなシャンデリア、水泡を思わせるステンドグラスと、竜宮城に迷い込んだかのよう

■エアー&ツアー情報
「アントニオ・ガウディの作品群」の7作品はすべてバルセロナにある。日本からの直行便はないので、パリやフランクフルト、アムステルダム、ドバイなど、ヨーロッパやアジア諸都市を経由するのが一般的。格安航空券で12万円前後、ツアーは15万円前後から。

■周辺の世界遺産
カタルーニャ音楽堂

ドメネク・イ・モンタネールの傑作、カタルーニャ音楽堂

バルセロナには「アントニオ・ガウディの作品群」の他に、「バルセロナのカタルーニャ音楽堂とサン・パウ病院」という世界遺産がある。ガウディとともにモデルニスモを切り拓いたドメネク・イ・モンタネールの作品群なので、ぜひ見比べてほしい。

スペインには40以上の世界遺産があり、たとえばマドリード周辺だけでも「マドリードのエル・エスコリアル修道院とその遺跡」「セゴビア旧市街とローマ水道橋」「古都トレド」「アビラの旧市街と城壁外の教会群」をはじめとする世界遺産を見て回ることができる。自分なりのルートを探すのがまた楽しいものだ。

 

「アントニオ・ガウディの作品群」のベストシーズン

カサ・パトリョ

こちらもカサ・パトリョ。今度は天井に水冠のような飾り。とてもセクシーだ。窓枠なども非常に美しく、細部まで見所は尽きない。ここからテラスへと抜けることができる

カサ・ミラ内部の博物館

カサ・ミラ内部の博物館

バルセロナの季節は日本と同じ。夏の平均最高気温は約28度、平均最低気温は19度、冬はそれぞれ13度、4度。夏は東京より少し涼しく、冬はやや暖かいということで、すごしやすい。

降水量は東京に比べて非常に少なく、カラッとした気候。雨は8~1月に多いが、それでも東京でいちばん雨が少ない1~2月と同程度かそれ以下。1年を通していつでも楽しめる街だが、一般的には気候がもっとも穏やかになる春と秋がベストシーズンといわれている。

サッカーのリーガ・エスパニョーラのシーズンは8~翌5月頃。2月のカーニバルや、9月のメルセ祭なども華やかなので、こうしたイベントに合わせて訪ねるのもおもしろい。

 


世界遺産基本データ&リンク

カサ・パトリョ

カサ・パトリョのパティオ周辺の階段部分。童話のような世界が広がっている

サグラダファミリア博物館のフニクラ

サグラダファミリア博物館の懸垂模型フニクラ。建物を逆さにし、柱に錘を垂らして過重計算を行った

【世界遺産基本データ】
登録名称:アントニオ・ガウディの作品群
Works of Antoni Gaudi
国名:スペイン
登録年と登録基準:1984年、2005年拡大、文化遺産(i)(ii)(iv)

【関連サイト】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。