気合の入った女子にオススメ! ムダ肉をそぎ落とす二の腕ダンベルエクササイズ

目指すのは、程よく筋肉のついたサラ・ジェシカ・パーカーのような美しい腕です。ハードルが高いようにも思えますが、ダンベルの負荷を利用して、筋力をつけましょう。腕を後ろ向きに押し出す動作で肩甲骨周辺を刺激し、褐色脂肪細胞を活性化させるので、痩せやすい体に近づけます。

また、二の腕に脂肪がつく主な原因の1つとして、「上腕三頭筋の筋力低下」があげられます。二の腕は、上腕二頭筋と上腕三頭筋で構成されています。力こぶが出来る上腕二頭筋は、荷物も持つなど“引く力”で普段使われますが、たるみやすい裏側の上腕三頭筋は“押す力”で使われます。しかしこの動きは、普段の生活でほとんど使われません。そこで普段しない動作なら、今すぐ行動を起こして、誰よりも早く格好良い二の腕を手に入れて下さい。

動作1

動作1

1.ダンベル(0.5~1Kg目安)を用意し、床にうつ伏せになりましょう。腰が反りすぎていないか、姿勢を確認しましょう。


 
動作2

動作2

2.両手を後ろにまわし、親指をつけるようにダンベルを掴んだら、腰のあたりにおきます。


 
動作3

動作3

3.息を吸いながら上体を床から離し、つま先も床から離し、腕は上に押し上げます。この時、目線は斜め前に下ろし首の後ろを伸ばしましょう。つま先、腕は後ろに押し出し、曲げないように注意しましょう。

息を吐きながら元の位置に戻ります。

 
2-3の動作をゆっくり5回を目安にトライし、慣れてきた人はセット数を2、3と増やしてみましょう。

いかがですか? あなたの性格や生活スタイルに合った方法が見つけられそうですか? 「継続は力なり」1日5分でもOKですから、トライしてみて下さいね。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。