livreというフランス語の意味は?

livreというフランス語の意味は?

フランス語の名詞に男性形と女性形があることは、もうみなさんご存知ですね。それでは、勉強を進めていくうちに、同じ綴りの名詞であるのに性別と意味が異なるものを発見して「おやっ?」と思った経験はないでしょうか?今回はそのような男性形と女性形で意味の異なる名詞をまとめて覚えておきましょう。
   

livre(リーヴル)は本じゃないの?性別で異なるフランス語名詞

250g de beurre

250g de beurre

フランス語の勉強を始めると比較的初期の段階でお目にかかることになる「本」を表す単語livre(リーヴル)。un livre(アン リーヴル)、男性名詞と冠詞をつけて覚えた方も多いのではないでしょうか?ところが、しばらく学習が進んでいくとune livre de beurre(ユヌ リーヴル ドゥ ブール)といったような表現に出くわすことがあります。beurreはバターの意味ですので、「バターの本」?と思わず訳してみたくなりますね。しかし、よく見てみるとこのlivreには女性名詞につく不定冠詞une(ユヌ)がついています。つまり、「本」という名詞とは性別が異なります。女性名詞のlivreは500gあるいはポンドという意味ですので、このune livre de beurreは「バター500g」という意味になります。
 

助けがいるの?助力者がいるの?ややこしいフランス語名詞

お次は英語のhelpにあたるフランス語の名詞aide(エド)。この名詞もややこしく男性形で用いるときは人間である「助力者」を表し、女性形を用いる場合は「助力」の意味になります。同じように、男性形で人間、女性形で抽象名詞を表す例には、clitique (クリティック/批評家ー批評)、mort(モール/死人ー死)などがあります。
 

オレンジって、果物?色?

今度は、色にまつわる名詞をみてみましょう。色に関しては形容詞で使うことが多いので修飾する名詞の性・数にあわせて変化させる練習はおなじみかと思います。それでは、「~色」という名詞の場合はどうでしょう?色名は通常形容詞の「男性形」を用いますので、例えば「黒色」を意味するnoir(ノワール)は男性名詞となります。ところが、中にはorange(オランジュ)やrose(ローズ)のように、色名とその色に関連する名詞の性別が異なるものがあります。つまり、orangeが男性名詞の場合は「オレンジ色」を意味し、女性名詞であると果物の「オレンジ」となります。roseも同様。男性名詞が「ピンク・バラ色」を示し、女性名詞が植物の「バラ」を指すわけです。
 

知ってるかな?似て非なる例

Le tour ? La tour ?

Le tour ? La tour ?

それでは最後に、同じ綴りで性別によって意味の異なる名詞の例をいくつかピックアップしておきましょう。前が男性で、後ろが女性名詞の訳になります。
  • tour(一周/塔)→ 従って、自転車レースとして有名なツール・ド・フランスはLe Tour de France(ル トゥール ドゥ フランス)、エッフェル塔はLa Tour Eiffel(ラ トゥール エフェル)となります。
  • manche(柄/袖)→T-shirts à manches courtes(半袖Tシャツ)のように通常は複数形なのであまり間違うことはありませんが、courtes(クルト/短い)という形容詞を付ける際にしっかりと女性・複数形になることを覚えておきましょう。
  • mémoire(報告書・論文/記憶)→「君、記憶力いいね!」というときは女性形ですのでTu as une bonne mémoire !(テュ ア ユヌ ボヌ メモワール)。パソコンのメモリーも女性形です。
  • poêle(ストーブ/フライパン)→読み方は「プワル」。料理がらみでない箇所で突然男性形のpoêleが出てきた場合、要注意です。
辞書引きついでに、ご自分でもイロイロ探してみるといいですね。

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。