「ピンク」を効果的に取り入れるポイントメイク法

ピンクをメイクアップに簡単に取り入れるには、アンダートーン別に得意な色と組み合わせて使用する事がお薦めです。

ブルーアンダートーン

画像表示中

ブルーアンダートーン

ピンクは、ブルーアンダートーンが得意とする色ですので、上瞼の広範囲に使用してしっかりと色味を発色しても問題ありません。

ただし、目元・口元・チークと全体をピンクの同系色でまとめると、メリハリがなくなり、野暮ったい印象になりますので、上瞼には、ブルーアンダートーンが得意でピンクとの相性が良い、ブルー系を広範囲に使用して、目尻下に、ビビットなピンクをポイントにしていただくと、可愛らしさのなかにもスッキリとした目元が演出できます。


 
画像表示中

ブルーアンダートーン

ブルーアンダートーンのチークやリップは、青みが強いピンク系でまとめていただいても、目元にブルーを取り入れていただくことで、透明感もプラスされます。チークやリップはハッキリと色味を出すと派手な印象になりますので、柔らかい色味で透明感を意識した質感をチョイスすると、バランスが取りやすいです。

ハイライトはアイボリーなどのイエロー系ではなく、ラベンダーや淡いピンク系をのせることで、顔全体に透明感をプラスしましょう。

イエローアンダートーン

画像表示中

イエローアンダートーン

ピンク色は、イエローアンダートーンが得意な色ではありません。サーモンピンクのように、オレンジ味がかったピンクであれば、上瞼に使用しても問題ありませんが、苦手な色を選択すると、腫れぼったい印象になりがちですので、チョイスする色が重要です。

ピンク色をポイントにする場合は、上瞼はイエロー~オレンジ系で肌なじみの良い色でまとめ、目尻下にハッキリとしたピンクを使用いただくことで、腫れぼったい印象にならず、キュートな目元を演出することができます。

 
画像表示中

イエローアンダートーン

イエローアンダートーンは、チークもリップもオレンジ系でまとめてしまっては、目尻下のピンクだけが肌から浮きやすいので、チークをオレンジ系にした場合は、リップはサーモンピンク系など少しピンク味がプラスされた色でまとめましょう。

ハイライトには、ゴールドなど黄みが強い色ではなく、アイボリーや淡いピンク系を入れると、柔らかい雰囲気を演出できます。

※アイライン・マスカラを使用していません。

心が必要とする色をメイクアップで取り入れる

それぞれの色の持つ意味(メッセージ)をお伝えしましたが、あなたの心が必要とする色を、どのように日常へ取り入れて活かしていくかが重要です。そこで、女性にとって外見を輝かせる為の1つの手段であるメイクアップに取り入れて、なりたい自分に導いていきましょう。

色は目でみて感じていますが、皮膚からも色を感じている事は科学的な実験で証明されているのです。

今までの記事は、第一次色(三原色)の中から「」「」「」、二次色なの中から「」「」「」、統合色の中から「ピンク」をテーマに解説してきましたが、次回は「クリア(白)」をテーマに解説します。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。