似合う「ピンク」をメイクに取り入れる

一言でピンク色と言っても、パーソナルカラー理論に基づき、似合う色のグループの中から色を選出し取り入れていただく事をお薦めします。
◆パーソナルカラーをメイクに取り入れるメリット
◆アンダートーン診断
◆アンダートーン別お薦めカラー

「ブルーアンダートンの方にお薦めなピンク」

画像表示中

ブルーアンダートーン

ピンク色はブルーアンダートーンの方にとって得意な色です。

パウダーピンク・パステルピンク・ローズピンク・オーキッド・ショッキングピンク・マゼンダ・ディープホットピンク・フクシャなど「涼しげなピンク」や「青味の強いピンク」がお薦めです。


 

「イエローアンダートーンの方にお薦めなピンク」

画像表示中

イエローアンダートン

ピンク色は、イエローアンダートーンの方はあまり得意な色ではありません。

ウォームパステルピンク・コーラルピンク・クリアブライトウォームピンク・サーモンなど「青みが少ないピンク」や「暖かみのある濃いピンク」などを選択してください。


 
※表示画面によって、色が違って見える事もありますので、説明文を参考にしてください。

では、実際にどのようにメイクアップに取り入れればよいか紹介します。