前回までは、「色」によって人柄や性格の傾向を分析することができる事を説明し、8色のカラーカードを使用し、「直感で選んだ色」と「いつも選ぶ好きな色」について、第一次色(三原色)の中から「赤」「黄」「青」、そして二次色の中から「橙」「緑」をテーマに解説しました。

◆「直感で選んだ色」と「いつも選ぶ好きな色」とは
◇流行の赤をポイントメイクに上手に取り入れるコツ
◇目元を輝かせる黄色をメイクに上手く取り入れるコツ
◇ナチュラルにブルーをアイメイクに取り入れるコツ
□オレンジで明るいキュートメイクに仕上げるコツ
□癒し系&フレッシュさを演出するグリーン系メイク術

今回は第二次色の1つである「紫」をテーマに解説をしていきます。

「紫」を好む人の人柄や性格傾向について

【美意識が高くファッションセンスが個性的】
画像表示中

紫を好む人

紫を好む人の特徴として、ファッションセンスも個性的でユニークです。

精神面に興奮をもたらす「赤」と鎮める「青」とが混ざっている複雑な色ですので、自信家で前に出ていく場面があるかと思えば、消極的で臆病になってしまったり、異性を翻弄する小悪魔かと思えば、ピュアで純粋な一面を持ち合わせていたりなど、動と静・陰と陽などの相反する面が共存している為、捉えどころがなくミステリアスな魅力を持っています。

自分の感覚(気持ちがいいと感じる色・音楽・香りなど)を重要視し、とても自分の世界を大切にしますので、その分人に対してプライベートな事を詮索したりなどしません。人の心の痛みにも敏感で、周りへの理解力にも優れていますので、ヒーリング(癒し)のエネルギーを持っています。

繊細でナイーブな人だからこそ、精神状態がネガティブな状態になると、並みの落ち込みではなく深く深く落ち込み自虐的になってしまいます。

精神面を重要視する傾向がありますので、行過ぎてしまうと現実逃避の傾向が強くなり、夢見がちになってしまうこともあります。

次に直感で選んだ色は、何を表しているでしょうか。