「受験うつ」とは……心身の状態をチェックしよう

勉強をする高校生

ストイックに自分を追い込んでいるうちに、「受験うつ」に近づいてしまうことがあります

志望校合格を目指し、睡眠時間を削ってでも勉強に励む受験生。夢に向かって努力するのは素晴らしいことですが、あまりに頑張りすぎて心や身体の健康を損なわないよう、注意したいところです。受験生の心身の不調の一つが、いわゆる「受験うつ」。受験生活のストレスから抑うつ症状が強くなり、さまざまな心身症状が出現することがあります。

・気ばかり焦り、勉強が手につかない
・勉強を始めても、集中力が続かない
・簡単な問題なのにうまく解けなくなった
・自信が持てず、意欲が湧いてこない
・よく眠れない、眠っても疲れが取れない
・食欲が湧かない、あるいは食べ過ぎてしまう 

上記のような症状が2週間以上続いている場合は注意が必要です。本格的なうつ病に移行している可能性も考えられます。いくつかの症状に心当たりがあれば、早めに思春期・青年期の精神疾患に詳しい精神科を受診しましょう。
 

睡眠不足や欠食なども……受験うつを招く6つの生活習慣

受験うつに陥りやすい人は、日常生活のバランスも乱れがちです。たとえば、次の6つの生活習慣に心当たりがある場合は要注意です。

1. 睡眠時間を削り、夜型生活や昼夜逆転になっている
受験前の追い込み時期になると、夜更かしが続いたり、明け方まで勉強して昼夜逆転してしまったりすることもあるかもしれません。こうして睡眠不足になったり、睡眠のリズムが乱れたりすると、抑うつ、不安、苛立ちなどの精神症状が引き起こされたり、頭痛や肩こり、めまいなどの身体症状が生じたりすることがあります。

2. 太陽光を浴びる機会が少ない
毎日家にこもって勉強し、ほとんど外に出ていない……。太陽光を浴びる機会が少なくなると、精神の安定に関わる脳内神経伝達物質セロトニンの分泌が低下し、抑うつの状態に近づきやすくなってしまいます。明るい室内だと感じていても、通常のルームライト程度の明かりではセロトニンの分泌には不十分です。太陽の光を浴びて、精神状態を整える必要があります。

3. 欠食や偏食が続いている
夜遅くまで勉強をして睡眠不足になると、起床後に食欲が湧かず、朝食を欠食しがちになります。さらに、昼には学食でうどんやラーメン、夕食は塾や予備校前にファーストフードのハンバーガーやおにぎり。夜中に小腹がすいてカップラーメンで夜食……こうして偏食が続いてしまうと、脳内神経伝達物質セロトニンの合成に必要な栄養素を十分に確保できなくなり、精神が安定しにくくなります。

4. 運動する機会はほとんどない
長時間同じ姿勢で座りっぱなしになり、適度に体を動かす機会がないと、首や肩がこりやすくなります。また、たまったストレスも発散されにくくなってしまいます。

5. 気晴らしで疲労が回復できていない
気晴らしの方法として、ゲームや動画、SNS を挙げる受験生は多いですが、これらに夢中になっているときには、勉強と同じ姿勢が続くために肩や首のこりが取れず、眼精疲労も続いてしまいます。

6. 気軽なおしゃべりを楽しめていない
誰かと冗談で笑い合ったり、ゆっくり話したりする時間が持てなくなると、気持ちが晴れず、毎日がとても息苦しくなってしまいます。

このような生活習慣が続くと、受験うつに追い込まれるリスクが高くなります。では、どのようにそのリスクを回避していけばいいのでしょう? 次の4つの生活改善を提案します。
 

受験うつを回避するコツ 1:睡眠時間を確保し、早寝早起きをする

たっぷり眠って早寝早起きが、受験勉強には必要

朝型の健康的な生活リズムをつくることが、受験生には必要です

受験うつを回避するには、十分な睡眠時間の確保、早寝早起き、太陽を浴びる生活が欠かせません。必要な睡眠時間には個人差もありますが、小学校高学年ならおおよそ9時間、中学生なら8時間、高校生では7時間くらいは必要だと言われます。

ただし、その睡眠を「早寝早起き」によってとることが肝心。夜更かし生活が続くと睡眠の質が悪くなり、睡眠の疲労回復効果も弱くなってしまいます。10時、11時といった早い時間に就寝すれば、朝は夜明けとともに自然に目が覚めます。すると、朝から頭が働きやすくなります。
 

受験うつを回避するコツ 2:太陽をしっかり浴び、リズム運動を行う

太陽の光を浴びることが大切

受験によるストレスを解消するためには、太陽の光を浴びることが大切です

精神の安定をもたらす脳内神経伝達物質セロトニンの分泌は、太陽光を浴びることで高まります。短時間でも外に出て、太陽光の刺激を受けることが大切です。

セロトニンの活性に必要な照度は2,500ルクス以上とされていますが、室内の蛍光灯程度の照度では、せいぜい500ルクス程度だと言われています。曇りでも日陰でも、日中の屋外には2,500ルクス以上の照度は十分にあるので、外に出て太陽光をしっかり浴びることが効果的。

屋外で太陽光を浴びる時間は、30分程度で十分です。外出をしない日でも、カーテンをしっかり開けて、部屋の中に太陽の光を取り込むようにしましょう。またセロトニン分泌には、歩いたり自転車をこいだり、といったリズム運動が効果的だとされています。気分転換も兼ねて1日に一度は屋外に出て、体を動かすことが大切です。
 

受験うつを回避するコツ 3:1日3食、バランスのよい食生活を心がける

1日3食、バランスのよい食事を心がけよう

栄養バランスのよい食事が、受験うつを乗り越える安定した精神状態を保つ秘訣です

日頃、おにぎりやファーストフード、麺類などで手軽に食事を済ませている受験生は多いかもしれません。たしかにお腹は満たされますが、多様な栄養素をバランスよくとらないと、身体の調子が悪くなってしまいます。

特に、セロトニンのもととなる必須アミノ酸「トリプトファン」の摂取は非常に大切。トリプトファンは、牛乳、卵、肉などのたんぱく質の多い食材に豊富に含まれます。こうした食材を普段の食事の中でしっかりとり、セロトニンの合成に必要になるビタミンB群、ミネラルが豊富に含まれる食品も、バランスよく食べるようにしましょう。

つまり、1日3食、バランスのよい食生活を続けていくことが、安定した精神状態を保つためには必要です。
 

受験うつを回避するコツ 4:ときには勉強を忘れて思い切りおしゃべりをする

ときには勉強を忘れて雑談を

勉強で忙しくても、ときには気の置けない仲間と思い切りおしゃべりをする時間も必要です

受験勉強に挑んでいると、無駄なおしゃべりで時間を潰すのがもったいなく思えてしまうこともあるかもしれません。しかし、何気ない雑談をきっかけにしてお互いの思いを語り合っていくと、抑えていた気持ちが解放され、ふっと気持ちが浄化されます。

身近にいる人と、どんなことでもいいのでおしゃべりをしてみましょう。無駄に思える時間が、心のバランスに大切な作用をもたらすことがあります。愚痴や弱音と思えるようなことでも、誰かに受け止めてもらえるだけで楽になり、それによって「気持ちを切り替えて頑張ろう」という気持ちが湧いてくることが多いものです。

――受験生活の中で、憂うつや不調を感じ始めたときには、以上の4つのポイントをぜひ意識してみてください。ただし、冒頭に記したような症状が続く場合には、早めに医師の診察を受けることが大切です。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項