必要経費って何!?

確定申告の効力は必要経費の知識から

確定申告の攻略は必要経費の知識から

会社員であれば、会社が給与から天引きしたうえで、代わりに税金を納めてくれます。個人事業主の場合は、そうはいきません。自分で確定申告をして所得税などを納付する必要があります。

所得税は1月1日から12月31日までの1年間に得た所得(利益)に対して課されます。個人事業での事業所得は年間総売上から必要経費を差し引いて求めます。

年間総売上-必要経費=事業所得(=事業で得た利益)

必要経費とは、事業(仕事)を行うために必要な経費です。

必要経費の把握、計上にモレがあれば、所得税は多くなり、きちんと把握、管理してモレなく計上すれば、節税につながります。どこまでが必要経費として認められるのか、しっかりと把握しておきましょう。ただ、判断に迷うものだってありますよね? そこでもう少し詳細について説明していきます。


事務所関連費はどこまで?

フリーランスの場合、自宅の一部を事務所として使用するケースが多いかと思います。その場合、どこまでを経費にしていいのでしょうか。

中でも個人で使う部分、仕事で使う部分が混在している経費は判断に迷うところです。このような経費を「家事関連費」といいます。この家事関連費はそれぞれの合理的な計算根拠に基づいて按分計算することにより、必要経費として計上する金額を算出します。以下のように計算しましょう。

■家賃
1ヶ月の家賃×仕事で使う面積の割合

例えば、家賃12万円/月、60平米の自宅マンションのうち、20平米の部屋を仕事場として使用しているとします。その場合、12万円×20平米÷60平米=4万円が必要経費として計上できることになります。

■電気代、通信費
電気代、固定・携帯電話代、インターネット接続費などは使用割合によって求めます。
例)1ヶ月の電気代×1ヶ月の総営業時間÷1ヶ月の総時間数


車の経費はどこまで?

自家用車を仕事に使用することもありますよね。その場合は、以下のように考えましょう。

■ガソリン代
給油したガソリン代×使用割合※
※使用割合は週または月のうち何日を仕事で使用するか

■月極駐車場代
1ヶ月の駐車場代×使用割合※

■その他
修理代、車検代、自動車税、自動車保険料、車の減価償却費も上記同様に使用割合により按分計算します。なお、100円パーク、高速料金などは、仕事で使用した分の領収書が必要経費となります。

次ページ:備品、消耗品はどこまで?