デトックスヨガでカラダもココロも身軽に! 師走を軽やかに乗り切ろう!

師走は体や心に余計なものが溜まりがち。忙しいから効果を感じる!デトックスヨガで身も心も軽くしてみませんか?

師走は体や心に余計なものが溜まりがち。忙しいから効果を感じる!デトックスヨガで身も心も軽くしてみませんか?

師走になると、仕事やプライベートで多忙を極めます。本来ならば、一番ボディケアを念入りにしなくてはいけない時期なのに、考える暇もなく毎日がアッというまに過ぎていませんか。そこで、今回は身体に溜まった毒素を排出して美肌やボディラインをキープするデトックス効果の高いポーズをご紹介しましょう。


ウッティタ・パールシュヴァコーナーサで体側を伸ばし、心のスペースも広げよう!

パールシュワは「横腹」コーナーは「角」という意味です。つまり、横角度に伸ばされたポーズになります。
体に疲れがたまると、誰でも姿勢が悪くなりがちに。すると、体側部分も縮み、内臓も圧迫されて内臓の動きが悪くなります。また、胸も閉じて呼吸も浅くなるので、血行不良から冷えや肌荒れ、はたまたイライラする!と言った症状に陥ることにもなりかねません。

そこで、ウッティタ・パールシュヴァコーナーサナで下半身を安定させながら、上半身をのばして全身に新鮮な酸素を流しましょう。このポーズの最大のポイントは、体幹の力(胴体部分)を使いながら、”気持ちよく伸ばすように体と呼吸を調和させる”ことです。膝の上に乗せた肘に全体重が乗ってしまわないように、肘で膝を押す上に伸びる感覚を使いながら、ポーズを作り上げてみて下さい。

■効果:全身の疲れ、冷え性、便秘、胃腸の不調、不妊症に効果があると言われています。また、腰の痛み・骨粗しょう症・坐骨神経痛・月経時の不快症状の改善や持久力増進も期待出来ます。胸を発達させ、ウエスト・太もも・おしりを引き締める効果もあり、ふくらはぎ、ももの歪みも矯正します。

■注意する点:頭痛や首を痛めている人はは無理のない範囲で行いましょう。

■やり方:

動作1

動作1

1.マットに山のポーズ(ターダーサナ)で立ちます。そのまま、左足を大きく後ろに下げます。右足つま先は正面に向け、左つま先は90度左方向に向けます。

この時、右踵から左土踏まずが1直線のラインに揃うように確認しましょう。両手は肩の高さに伸ばし、数回呼吸を繰り返します。


 

動作2

動作2

2.そのまま右膝を深く曲げ腰を下ろします。




 

 
動作3

動作3

3.さらに右肘を右膝の上につけ、左手を天井方向に伸ばします。この時、伸ばすというよりは、天井を押し上げるイメージで両方の体側を均等に伸ばすイメージでポーズをキープしましょう。

また、右の脚の付け根を左側に押し出し、お尻が後ろに落ちないように、骨盤は左側に向けるように意識しましょう。


 

 
動作4

動作4

4.さらに息を吐きながら、左手を耳の横から斜めに伸ばし、気持ちよく左脇腹を伸ばし、そのまま5呼吸程キープしましょう。目線は首が痛くなければ、伸ばした左指先に向けますが、痛い場合は床に下ろしてもOKです。反対側も同様に動作しましょう。

 
次のページでは、さらに深くねじりを加えたポーズの紹介です。