妊娠初期にオススメのショーツ 

妊娠初期にオススメのショーツ

妊娠初期にオススメのショーツ

妊娠をするとバスト同様、妊娠4ヶ月あたりからお腹もふっくらしてきますので、その頃からマタニティボトムの準備を始めることをオススメします。この時期から、いつも履いていたショーツが段々とキツくなってきたと感じる人も増えるのでは。

体が敏感になっていますので、素材としてはコットン素材のものなど、体に優しい素材を使ったショーツを選ぶようにしましょう。

生地は薄すぎず、縫製もしっかりしているタイプがオススメです。また、妊娠中は体を冷やしてはいけないので、お腹全体をすっぽり包むタイプがオススメです。ウエストゴムが子宮を圧迫しないよう、おへその上までくるタイプを選びましょう。

サイズが合っているかも重要です。お腹に食い込んだり、ヒップがはみ出てしまうようでは血行を悪くし、むくみなどの原因になってしまうので、きつすぎず、ゆるすぎないフィット感が重要です。

また、足回りがきつくないかも確認しましょう。この部分がきついと、うっ血の原因となりますので、足まわりが動かしやすくフィットするものを選びましょう。

クロッチは、あえて白色の布地のものを選ぶようにしましょう。妊娠中は出血やおりものの状態から自分自身の体調変化に気づくこともあります。日々体調の変化にすぐに気づけるように白色タイプをあえて選ぶようにしましょう。肌触りがよく、汚れが落ちやすものがベストです。

妊娠中期にオススメのショーツ

妊娠中期にオススメのショーツ

妊娠中期にオススメのショーツ

妊娠5ヶ月に入るとお腹が急に出てくるので、大きなおなかをしっかり支えてくれる妊娠帯やガードルを用意しましょう。妊娠帯があると体が安定して楽になってきますし、腰の負担を和らげる役目も。また、妊娠線ができるのを防いでくれるというメリットもあります。

帯タイプのものと、ショーツに帯が内蔵されているタイプがありますが帯タイプをまずは用意しておくと便利です。普通のショーツと比べてショーツの布の量が多いので、黒やベージュなどといったシンプルなカラーよりも、綺麗な色や柄が入っていて気持ちが華やかになるようなものを選ぶとより、マタニティーライフが楽しくなります。

妊娠後期にオススメのショーツ

妊娠後期にオススメのショーツ

妊娠後期にオススメのショーツ

妊娠後期から出産準備用としては産褥(さんじょく)ショーツを用意しておきましょう。産褥ショーツとは、出産直後から3~4週間続く悪露対策のためのショーツです。

妊婦さんが寝た状態で脱がずにパッドを交換してもらえる、股下クロッチ部分が開閉するタイプがオススメです。
開閉する部分が少しでも肌にあたりにくくするため、開閉部分の角を丸くカットしているような設計になっていることも重要なポイントです。最低でも2~3枚は用意をしておきましょう。

ブラジャーと同様、マタニティーショーツはマタニティーライフを快適に過ごすためには欠かせないアイテムですので、この時期しか着れない女性の特権として楽しんで欲しいと思います。また最近では、ブラジャーとお揃いのかわいいマタニティー用ショーツがたくさんあるのでセットで揃えてみてはいかがでしょうか?


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。