【30秒冷えとりダイエット】生理周期別エクササイズ

生理前後の運動は苦手、排卵期は怠い、という女性特有の周期に困っている方は多いと思います。 ですが、この体の変化は、『生理のために自然に骨盤が開閉している』ということです。 女性にとってはとてもいいことなので、全く悩む必要はありません。

そして、この自然の摂理を利用して、ムリなく行える “生理周期別エクササイズ” をお伝えします。 生理痛や生理不順、ひどい冷え症、低体温に悩んでいる方には特におすすめです。

この生理周期別エクササイズは、『30秒冷えとりダイエット!』の後に併せて行います。基本エクササイズと合わせてもたったの1分という手軽さです!

“生理周期別エクササイズ” を指南する前に、生理周期と骨盤の開閉をまず理解しておきましょう。生理による骨盤の開閉状態を知ることは、健康や美容にとって大切な知識です。


“骨盤の開閉” と “ダイエット” の関係

「骨盤が開いていると太りやすい」、「骨盤を閉じると痩せる」などと言われていますが、実は骨盤は、開く&閉じるの両方を行う必要があり、それは生理周期と関係しています。 さて、どんな仕組みなのか詳しく説明していきましょう。

  • 【生理後~排卵前】・・・徐々に骨盤が閉じていく時期
生理が終わり、心身共にスッキリしていく時期です。むくみも少なく、肌の調子もいい時です。 骨盤が締まっていくことで体がよく動き、運動の効果が出やすいチャンス期。筋力が弱く、この時期に骨盤が閉じていかない人は、なかなかダイエットが成功しません。

  • 【排卵後~生理前】・・・徐々に骨盤が開いていく時期
体が生理の準備をはじめるため、骨盤が開いていくこの時期はむくみやすく、太り気味。 骨盤が開くと眠気や食欲が強くなるため、ついつい食べ過ぎになりがちです。体が硬く、この時期に骨盤が開かないと、生理不順や肌荒れになる可能性があります。

このような骨盤の状態をから考案したのが、この、『30秒冷えとりダイエット!生理周期編』エクササイズです。

運動や習慣は、「継続できない」ことが一番の失敗なので、生理による体調の変化に適した、皆さんが続けやすいエクササイズを指南します!


【生理周期編】30秒冷えとりダイエット!

このページでは、28日生理周期に合わせて行いますが、実際は個人の周期日数で行いましょう。

■生理後 1~7日目:30秒冷えとりダイエット!

02

 

1. 仰向けになり右膝を立て、息を吸って準備。

 
03

 

2. 息を吐きながら、立てていた右膝を左へ倒し、頭は右へねじり、上半身全体をツイストします。呼吸を続けながらこの姿勢で15秒間キープ。

 
04

 

3. 次は、左膝を立て、息を吸って準備。

 
01

 

4. 息を吐きながら、立てていた左膝を右へ倒し、頭は左へねじり上半身をツイスト。呼吸を続けながらこの姿勢で15秒間キープ。

 
■生理後 8~14日目:30秒冷えとりダイエット!
08

 

1. 仰向けになり、上体を起こして両手で右膝をつかむ。同時に左脚を斜め45度の方向にまっすぐ伸ばす。

 
09

 

2. 息を吐きながら、手足を入れ替え、右脚を斜め45度の方向にまっすぐ伸ばす。

 
08

 

3. 息を吸って手足を入れ替え、左脚を斜め45度にまっすぐ伸ばす。


4. 左右の手足を交互に入れ替え、30秒間続ける。

 
■生理後 15~21日目:30秒冷えとりダイエット!
13

 

1. 両手を背中の少し後ろに置き、両膝を立て、両脚を中心にそろえてお腹を凹ます。息を吸って準備。

 
14

 

2. 息を吐きながら、左のお尻を持ち上げ、両膝を右側へ倒す。目線は左臀部を見るようにし、呼吸を続けながらこの姿勢で5秒間キープ。

 
12

 

3. 反対側も同様に行い、この姿勢で5秒間キープ。

4. 左右交互に3セット行う。

 
■生理後 22~28日目:30秒冷えとりダイエット!
20

 

1. 写真の様に、お姉さん座りのように脚を置き、左手を高く持ちあげる。息を吸って準備。

 
19

 

2. 息を吐きながら、上体を右へ倒し、左体側をストレッチ。呼吸を続けながらこの姿勢で15秒間キープ。

 
18

 

3. 手足を入れ替えます。

4. 反対側も同様に15秒間キープ。
※15秒キープがキツいと感じたら、5秒間キープし、左右交互に2セット行いましょう。

 
【成功アドバイス!】
以下の点に注意して行うと、より効率的に冷え症の改善が行えます。 ぜひ心がけてくださいね!
  • 呼吸を自然に続ける、呼吸を止めて力まない
  • おへそと背骨がくっつくようお腹をへこます
  • お腹をへこましたまま、胸をふくらまして呼吸する
  • 肩が上がらないよう首回りをリラックス
  • 腰を反りすぎないようにする、腰が痛い時は休む
  • ちょっとした合間に毎日2~3セット行う

さて、『30秒冷えとりダイエット!』のいろんなエクササイズに慣れてきた人は、ボディーメイクができるパーツ別ダイエットをはじめませんか?
『パーツ別エクササイズ編』 をチェックしましょう!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。