お茶もひと工夫で「トクホ」、健康を謳うのはもはや常識

jpeg

脂肪を分解。サントリー トクホの伊右衛門 「特茶」

最近の市販のペットボトル飲料は、「メタボ対策」や「アンチエイジング対策」と健康について謳う製品も増え、消費者庁に特定の保健の用途を表示することを認められた食品「特定保健用食品」、通称「トクホ」が表示されているものも増えています。

また、私たち日本人に身近な飲み物である「お茶」も従来のものにひと工夫加え、健康にいいさまざまな種類のものがリリースされています。最近では、サントリーからは、史上初、脂肪の「分解」に注目し、体脂肪を減らす働きをサポートするポリフェノール「ケルセチン配糖体」が含まれたお茶「トクホ伊右衛門の特茶」が発売されました。

それでは、「セルライト対策」に、もっとも相応しいお茶とはどのようなものかを今回はご紹介していきます。

私たちにもっとも馴染み深いのが、「緑茶」。実は、紅茶やウーロン茶などお茶と分類されるものは、同じツバキ科の茶葉から作られているということをご存知ですか?

「お茶」は、発酵度の違いで、緑茶、紅茶、烏龍茶などの種類に分かれているのですが、発酵度の高いものほどカラダを温める作用が強くなる傾向があります。発酵度の高いお茶の代表的なものが、完全発酵茶の「紅茶」です。完全発酵茶は、カラダを温め巡らす力が高くなるので、デトックス効果につながりセルライト対策にもいいお茶と言えるでしょう。また、半発酵茶「烏龍茶」もさまざまな種類があり、発酵度が高いものもあります。

内臓脂肪分解、中性脂肪に働きかける「微生物制御発酵茶」

微生物発酵茶はその名の通り、微生物の発酵によって作られ、緑茶、紅茶、ウーロン茶などの従来の発酵茶とは区別されるお茶で、内臓脂肪分解や中性脂肪を減らす効果が高く、セルライト対策効果が期待できるお茶です。

プーアル茶や黒茶などの不特定の微生物の自然発酵茶と、特定の微生物による発酵を人為的にコントロールしてつくる制御発酵茶の2種類があり、最近、注目されているのが「微生物制御発酵茶」です。

自然発酵茶と比べ、香りに微生物発酵茶特有のクセがなく、円やかな味でたいへん飲みやすく、自然な香りがします。 また、新規ポリフェノールが発見され、糖尿病やガンなどの病気、内臓脂肪の減少などに大いに関係しており、臨床試験がはじめられています。美味で機能性に富むなど新たな可能性を秘めた「微生物制御発酵茶」にこれからは注目です。