女性の約9割に発生するといわれる「セルライト」。今回は「セルライトの正体」「セルライトができる仕組み&原因」を詳しく解説していきたいと思います。

セルライトとは?

セルライトとは、脂肪細胞の中に老廃物が蓄積され大きく成長してしまった状態で、お尻や太ももの裏側など贅肉のつきやすい部分にできる凸凹とした皮膚の状態を指した言葉です。このセルライトは、自覚しない内にどんどん進行してしまうばかりか、一度できると解消するのが難しいといわれている厄介なもの。

そこで以下からは、そんなセルライトができる仕組みについてご紹介していきましょう。

セルライトの仕組み

セルライトができてしまった状態と、セルライトのない状態のイラストが下記になります。

セルライトの仕組みを詳しくチェック!

セルライトの仕組みを詳しくチェック!


代謝において重要なのは、血液とリンパ液の正常な流れです。この流れが健全な状態であれば、栄養や酸素は毛細血管を通って一つひとつの脂肪細胞に運ばれ、不要な水分や老廃物はリンパ管に、二酸化炭素やリンパ管で回収しきれなかった水分と老廃物は毛細血管に流れて回収されます。これがセルライトのない通常の状態です(※イラスト下)。

一方セルライト状態というのは、脂肪細胞の一部が変形し線維化してしまったもの。皮下組織という限られた空間の中で線維組織が密集してしまうと、その上の皮膚が引っ張り下げられて、皮膚の表面にも凸凹の影響が現れます(※イラスト上)。