約9割の女性の体にあるといわれる「セルライト」。よく耳にするのは、ダイエットの大敵であるとか、皮膚の表面に凹凸とした状態で現れる……といった悪い情報だと思いますが、今回は「セルライトの正体について」「セルライトができる仕組み」「セルライトができる原因」を詳しく解説していきたいと思います。

セルライトとは?

太ももの裏側やヒップはセルライトができやすい場所!

太ももの裏側やヒップはセルライトができやすい場所!

セルライトとは、脂肪細胞の中に老廃物が蓄積され大きく成長してしまった状態。お尻や太ももの裏側など贅肉のつきやすい部分にできる凸凹とした皮膚の状態を指した言葉です。このセルライトは、自覚しない内にどんどん進行してしまうばかりか、一度できると解消するのが難しいといわれている厄介なもの。

そこで以下からは、そんなセルライトができる仕組みについて紹介していきましょう。


 

セルライトができるステップ

1.ホルモンバランスや自律神経の乱れ、冷え、年齢による代謝の低下などにより血行不良が起こり、老廃物がたまりはじめる

2.脂肪細胞の代謝が乱れ肥大化。脂肪細胞内に脂肪をためこむようになり、2~3倍の大きさになる

3.肥大化した脂肪細胞により、さらに血管が圧迫され血行が悪化

4.脂肪細胞同士が付着し塊に成長。老廃物もさらに溜まって、皮膚表面にも凸凹がはっきりわかる状態に

見た目にも醜く厄介なセルライトを撃退するためには、まずセルライトがどうしてできるのかその原因を把握する必要があります! 原因が把握できれば、その後の撃退方法も効率よく選べるので、自分に当てはまるものを確認していきましょう。