セルライトとは?

【セルライト】お肌の凹凸

【セルライト】お肌の凹凸

お腹、太もも、お尻の付け根などによく見られる肌表面の凹凸、オレンジの皮に似ていることから英語では「オレンジピールスキン」と呼ばれるセルライト。日本人女性の80%以上にあると言われます。

このセルライト、見た目の美しさだけでなく、「冷え」の原因のひとつとも考えられ、私たちの健康、後にはココロまで影響を及ぼす存在です。

この悪しきセルライト、実は、2~3年かけてじっくりと肌表面に凹凸として現れてくるということは、あまり知られていません。つまり、今、お肌に凸凹がなくても、着々と「セルライト予備軍」が作られているのです。

 

肌組織図

肌組織図

セルライトは、どこで作られているのか?

セルライトは、お肌のすぐ下で着々と作られています。それは、肌組織の表皮(厚さ0.2~0.3mm)、真皮(厚さ1.8~2.0mm)の下、皮下組織にある「脂肪細胞」がベースとなっています。

「脂肪細胞」を取り囲む毛細血管や毛細リンパ管などのカラダの循環機能、つまり、「カラダの巡り」が悪くなることを起因とし、徐々に血管やリンパ管から溢れでた不要なものを「脂肪細胞」は引き寄せ、大きくなっていきます。更に、その肥大化したモノ同士がお互いに結びつき、 お肌のわずか数mm下に位置する表皮、真皮を押し上げ、肌表面に凸凹として現れ出てくるのです。

脂肪細胞は味方?それとも敵?

そもそも、「脂肪細胞」はカラダを構成する60兆個の細胞の種類のひとつで、カラダの熱の放散を防いでくれ、カラダを守ってくれる心強い存在です。女性にとっては、女性らしい柔らかいカラダのフォルムを作ってくれる、ある意味「武器」ともいえるでしょう。

また、「脂肪細胞」は脂肪をエネルギーとして蓄える存在です。けれども、食べ過ぎ、飲み過ぎ、そして運動不足や精神的ストレスなどの様々な要因で、余分なエネルギーが蓄積され出すと「脂肪細胞」は中性脂肪の塊として肥大化していきます。

その結果、私たちにとって、本来、味方である「脂肪細胞」が敵に変わり、「カラダの巡り」が悪くなり、「代謝」が下がり、やがては太ってしまうのです。