今回はこんな質問が届きました
「お尻や太ももについたセルライト、自宅でケアするにはどうしたらいい?」

Q. 毎日、お風呂あがりにストレッチ、マッサージをしていますが、どうしてもヒップのセルライトが消えません。むしろ増えていて、マッサージするたびに悲しくなります。エステに通うほどお金はないです。おすすめの機械やマッサージ方法があれば知りたいです。(30代・契約社員)



A セルライトの原因は脂肪の塊。食事や運動で脂肪を減らしつつ、テニスボールでお尻をコロコロマッサージしてみは?

セルライトを自宅でケアする方法は?

セルライトを自宅でケアする方法は?

偉いです!ストレッチして、マッサージしているんだもん。でも、消えないどころか、むしろ増えている!? なぜだろう……?

セルライトは、その見た目がオレンジの皮に似ていることから『オレンジピールスキン』と呼ばれてもいます。医学的にセルライトというものはなく、要は、肥大化した脂肪細胞が変化して、皮ふの表面を押し上げてしまい、凸凹となって現れた状態。一説によると、女性の8割以上にセルライトがあるのだとか(参考:セルライトとは?)。ふむふむ。

想像するに、太って脂肪がついたところに、デスクワークで椅子に座りっぱなし、あるいは、冷えて代謝が悪くなって、リンパの流れも滞り、いつの間にかセルライトができてしまった、という感じでしょうか? エステ業界では、よくセルライトを「つぶす」とか表現しますが、つぶすというより、脂肪の塊をほぐして、一時的に凸凹を目立たなくする、というのが近いですね。なるべく増やさないためには、バランスの良い食事、運動を心掛けたり、ストレッチ、マッサージで血流をよくして、代謝をスムーズにすること……とよく言われますが、これができるなら苦労しない!ですよね(苦笑)。

いろいろ対策はあると思いますが、私はテニスボールを使ったセルフマッサージをおすすめします。テニスボールは表面がふわっとしてて、硬すぎず柔らかすぎず、ほどよい肌当たりと弾力でマッサージにピッタリなんです。私はボールを使って、足の裏でコロコロして足の疲れを取ってます。相談者さんならセルライトが気になるところにテニスボールを当て、ゴロゴロしたらいいのでは? 床に座ってお尻の下にテニスボールを入れ込み、自分の重さを利用して刺激するってわけ。気持ちいいし、お肌を傷める心配も少なく安心です。

それと、マッサージの先生いわく、マッサージするときは、リンパの道筋を作っておくのがいいと。例えば、上半身では鎖骨あたりのツボを刺激してから、顔や頭のマッサージすると効果が長続きするんです。相談者さんの場合は、足の付け根のリンパのツボを先に刺激してマッサージするといい、ということですね。簡単なひと手間だけど、ほんと違いますよ。また、スリミングや引き締め効果のあるボディローションも合わせて使うといいでしょう。あとね、冷え対策! 私は、おへその下の“丹田”ということに小さいカイロを貼ってます。

一度できてしまうとなくならないと言われるセルライト。どうしても気になるなら、専門家や医療機関に相談するのがいいと思うけど、まずはコロコロマッサージやボディーローションでのセルフケア、やってみて下さい。

山本さんのおすすめアイテム

クラランス マルチ マス

クラランス マルチ マス

セルライトがつきやすいヒップや太もも裏を楽に効率よくマッサージ

セルライトがつきやすいヒップや太もも裏は手が届きづらく、力が入りにくい場所。いろいろな形の面を使い分けることでエステに負けないマッサージが自分でもできるロングセラー美容器具。「私もセルフケアで使っていて、これもおススメ」(山本さん) リニューアルしてさらに効率よくスムーズにセルフマッサージが可能に! マルチ マス/5080円(税抜)/クラランス


 

山本浩未さん プロフィール
さまざまなメディアで大人気のヘア&メイクアップアーティスト。取り入れやすいメイクテクが、幅広い年代の女性に支持される秘密。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。