カラフルな家々と雪化粧をした白い街の景色

 

 

 

 

 

  

■撮影時期
2008年3月

■撮影場所

ノルウェー中部の都市トロンハイム

■おすすめポイント
ノルウェー王国の最初の首都であり、現在では国内第三の都市であるトロンハイムの町並みです。派手さはないのですが、素朴でかわいらしい町並みとカラフルな家々と白い雪のコントラストを見た途端一目で気に入りました。

ニーダロス教会、日本風に見えなくもない跳ね橋、高台に佇むクリスチャン要塞をはじめ、観光的要素も十分にある街なのですが、正直高台から見る家々や街の景色がもっとも興味深く、印象に残っています。

ノルディックスキーの世界選手権が開催されたこともある都市なので、街を少し外れると、ものすごい急勾配だらけでした。登るには苦しく、降りるには怖いほどの傾斜とでも言いましょうか。友人の家に行くのにひたすら坂道を登り続けたのですが、高台からはカラフルな家々がレゴのように見えてかわいらしかったです。冬は雪で滑りやすくなっていることもあり登りの坂道が余計にこたえますが、そこから見おろせる雪化粧をした街の景色は本当に素敵です。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。