慣れてきたら、こぶし2つ分にチャレンジ!

慣れてきたら、こぶしを2つ挟んで、さらに内転筋の強化を! こぶしを2つにすることで、膝がより開き、内ももに更に強い力が加えやすくなります。

内転筋

1、壁に背中をつけて、膝を曲げて座る

1、身体を安定させるため、壁に背中をぴったりとつけて、膝を立てて座ります。

 
内転筋

2、両手の握りこぶしを並べて膝の間に挟む

2、両手で握りこぶしを作り、並べて両膝の間に挟みます。

 
内転筋

3、、膝に挟んだ握りこぶしを両膝で押しつぶす

3、こぶしを挟んだら、息を吐きながら、ゆっくりと5秒かけて思いっきり両膝を内側に押します。両膝で握りこぶしを思い切り潰すようなイメージで!

5秒キープしたら、ゆっくりと力を抜いて10秒お休みを。
1~3を1日3~5セット繰り返す。

 
内転筋

4、ボールでの代用も可能です

4、握りこぶしの代わりに小さなボールでの代用も可能です。

こぶしの代わりにボールを挟み、息を吐きながら、ゆっくりと5秒かけて思いっきり両膝を内側に押し、5秒キープ。

5秒キープしたら、ゆっくりと力を抜いて10秒お休みを。
1~3を1日3~5セット繰り返す。

 
こぶし1つ、2つに慣れてきたら、秒数やセット数を増やしていってください。

たとえ脚が細くても、内転筋が衰えていれば、脚のラインが美しくなりません。 内転筋を強化することで、骨盤を正しい位置にキープすることが出来、膝を閉じるという動作が自然になるので、美しい姿勢を保つことが可能になります。気になるO脚を改善し、美しい美脚を目指しましょう!

寝る前や空いた時間の数分を使って、是非、習慣化してみてくださいね。