筋肉×快眠×リラックス×美肌
寝ながら痩せるダイエット!夜のおすすめ食材

起きている間に食べるものを気にするダイエッターは多いけれど、「寝ている間のダイエット」を考えている人は案外少ないようです。寝ている間は、その日1日の体の疲れを回復したり、脳に記憶をしたり、細胞の修復など体のメンテナンスが進められている時間です。どうせなら、寝ている間でもダイエットしている体質に変えたいものですよね。今回は、寝ている間にダイエットを効率良く進める食材をご紹介します。


筋肉を作る食材

ダイエットundefinedAllAbout,ダイエットundefinedmico,食事ダイエット,阿部エリナundefinedAllAbout,寝ながらダイエット,寝ている間にダイエット

寝ている間も賢くダイエットに取り組もう!

就寝中に分泌される成長ホルモンは脂肪を分解したり筋肉を作る働きがあります。痩せ体質を作るためには、代謝を上げてくれる筋肉量が多いことが必須です。

特に女性は男性よりも筋肉が少ないため代謝が低く、脂肪がつきやすいので、筋トレや就寝中の成長ホルモン分泌による筋肉作りはしっかり意識したいものです。

筋肉を作るのはたんぱく質で、肉や魚、卵、大豆製品、乳製品に多く含まれていますが、脂質を多く含む食材は就寝前には向いていません。就寝前は、体に脂肪を溜めにくい低脂質・高たんぱく質の食材がおすすめです。肉なら鶏肉(特にささみがおすすめ)、魚、卵、納豆、脂質の少ないヨーグルトが良質のアミノ酸を多く含み、これらは就寝中の筋肉を効率良く作ってくれます。

ただし、そのためには成長ホルモンが十分に分泌されていることが条件。成長ホルモンは就寝直後に特に多く分泌されますが、眠りが浅いと分泌が抑制されてしまうので、ぐっすり眠れるように睡眠環境を良くしたり、熟睡できる体質に変えることも大切です。

快眠を促す食材

成長ホルモンをしっかり分泌するには「質の良い眠り」が大切です。質の良い眠りをサポートしてくれるのは、睡眠へ導く睡眠ホルモンの原料になるセロトニンの分泌を増やすことがポイントです。

セロトニンは精神を安定させる働きがあり、日中に日光浴をしたり有酸素運動などのリズム運動により活性化されますが、そのためにはセロトニンの材料であるトリプトファンが必要です。トリプトファンは、バナナ、豆乳、牛乳、ヨーグルト、プロセスチーズ、肉類、赤身の魚、ひまわりの種などに多く含まれています。これらは良質の睡眠を促してくれるので、就寝中のダイエットをサポートします。寝る前に空腹を感じたらこれらを夜食として食べるのも良いでしょう。カロリーが気になるときは、カロリーの低い豆乳や乳製品がおすすめです。

≫寝ている間にダイエット効果促進のための秘策はリラックス?