新人公演

研1から研7あたりまでの生徒たちのみで、本公演と同じ作品を演じる公演。
略して新公。
初めて新人公演が行われたのは、1958年『花の饗宴』。
約一ヶ月の本公演の間に一日だけ設けられ、新人にとっては通常より大きな役を演じられるチャンスと勉強の場。
主役を演じる学年は決まってはいないが、その多くは研6や研7あたり。
しかし過去には天海祐希が、研1で新公主役(『ミー・アンド・マイガール』)という異例の抜擢もあった。
■関連ガイド記事
新人公演 Part1 新人公演ってどんな公演?
新人公演 Part2 新人公演のお稽古って?
新人公演 Patr3 新人公演の衣装 その1
新人公演 Patr4 新人公演の衣装 その2
メルマガ【新人公演の衣装番外編】
メルマガ【新人公演のご挨拶】

新専科

どの組にも出演できるスターが属する組として、2000年に新たに作られたが、2005年11月の初風緑の退団を最後に、現在は在籍する生徒はいない。

シンメ

線対称、左右対称の意味。
ダンスの振り付け、位置を決める時などに使われる言葉。

スーツ物

衣装がスーツの作品。
コスチューム物が時代物であれば、スーツ物は現代劇の雰囲気。
例)『カサブランカ』『グレート・ギャツビー』『オーシャンズ11』etc

スカイ・ナビゲーターズ

宝塚専門チャンネル「TAKARAZUKA SKY STAGE」のタカラヅカニュースの司会などを務めているメンバーの呼び名。
各組より2名ずつ選抜された入団7年目以上の若手ホープが務める。
2011年6月までは「スカイ・フェアリーズ」と呼ばれる入団後間もない生徒が担当していた。

スカイ・レポーターズ

宝塚専門チャンネル「TAKARAZUKA SKY STAGE」で、公演やスターをレポートするメンバーの呼び名。
各組より2名ずつ選抜された中堅が務める。

スターブーツ

トップスターが舞台で履くロングブーツ。
膝上まで長さがあり、飾りなども豪華。

ステテコ

日本物の時にはく下着。
キュロットスカートのような形をしている。

すみれ売り

宝塚音楽学校の生徒がボランティアのために、すみれの造花を売ること。
毎年5月末に行われ、緑の袴を着用する。
■関連ガイド記事
【宝塚用語徹底解説】“すみれ売り”って?
拝賀式で緑の袴
タカラジェンヌと『緑の袴』

すみれキッチン

「すみれキッチン」または「女子会さん」。
楽屋内にある、生徒だけが利用できる食堂。
■関連ガイド記事
【宝塚用語徹底解説】 “女子会さん”って…?