楽屋に入ると、パァ~ッと華やかな雰囲気がします。そこの“住人”自体が華やかなのは当たり前ですが、置いてある物……カツラやアクセサリーに加えて、化粧前の威力は大き~い。
その化粧前とはどんなものかな?

まず——化粧前という言葉にはふたつの意味があります。


化粧をするための鏡台

引出しがあり、上には物を置く棚も付いています。生徒さん一人に一つの化粧前がありますが、研8ぐらいの学年(組によってまちまち)になると、ふたつ分のスペースが与えられます。生徒さんが“化粧前”という言葉を使う場合は、こっちの意味の方が多いでしょうね。「化粧前で待ってるね」とか「これ、化粧前に置いておくから……」と。

B 鏡台に敷いたり掛けたりする布
  
鏡台の上に置いてある化粧品に埃がかぶらないために、またオシャレのために使います。生徒さんにとっては、離れている場所からでも“自分の鏡台がどれか”という目印にもなったりして。ファンの方の使う“化粧前”は、この布製品を指すでしょう。

さて今回は、Bの化粧前をご紹介しましょう。


化粧前にはナニがあるの?

下掛け、上掛け、ティッシュカバー、座布団カバー
基本はこの4点。その他に、飲み物を入れるポットのカバーやスリッパ、座椅子カバーなども全部ひっくるめて“化粧前”と、ファンの方は呼ぶようです。

とにかくこの化粧前、綺麗! サテンやコットンの生地にレースやフリルがヒラヒラ! 刺繍がしてあったり、キラキラ光る飾りがついてあったり。

さぁ~どんな感じ?……