宝塚歌劇の楽屋は外部者の立ち入り禁止。ゆえに、早替わりも多く出ずっぱりのトップスター(主演男役)にでさえ、付き人はいません。

そんな時の心強い助っ人が……お手伝いをしてくれる下級生の生徒。
“上級生のお手伝い”とは、いっしょに舞台に出ている同じ組の下級生が楽屋や舞台袖で手伝うという、いわば付き人のような役目です。


では、その下級生による“上級生のお手伝い”とは、一体どんなことをするのでしょうか?


早替わりのお手伝い

“上級生のお手伝い”の一番大きな仕事が、早替わりのお手伝い。

衣装を着せるのは衣装部さんの仕事ですが、生徒一人一人に衣装部さんが付くわけではありません。
自力で、または隣りの生徒と着せ合いっこして早替わりをしますが、出番や早替わりの多い生徒、またその衣装によっては、“自力”“着せ合いっこ”では無理な場合が多々あります。
なので、お手伝いをする生徒が衣装部さんのような役目をします。


トップスターから数名までのスターさんには、専属の衣装部さんが付きます。「じゃ、お手伝いは必要ないんじゃない?」と思われるでしょうが、その衣装部さんだけでも不可能。それは早替わりの頻度も衣装の数も多いから。
また大きく重たい衣装……例えば、フィナーレに着る羽根の付いた衣装……これを衣装部さんだけで着せるのは困難。
衣装部さんといっしょに、早替わりのお手伝いをします。


早替わりという短い時間にすることは、衣装の脱ぎ着だけではありません。髪型を直す、化粧を直す、装飾品を変えるetc。それらを手伝ってあげるのもお手伝いをする生徒。

手鏡やスプレー、クシ、はけふきを手渡したり。アクセサリーや髪飾りを付けてあげたり、ブーツのファスナーを上げてあげたり。飲み物を渡したり、ウチワであおいであげたり。次の場面に必要な小道具を手渡したり。
その上級生の動きを見ながら、欲しいもの、必要なものをサッと準備してあげます。


お手伝いをする生徒は、その上級生を「出遅れさせない」「忘れ物をさせない」「安心してキレイに舞台に立たせる」といった、下級生でありながらどこか母のような気持ちかもしれません。