毎年爽やかな季節に行われているのが“すみれ募金”という募金活動です。

これは、北摂保護区保護司会宝塚地区会の「社会を明るくする運動」に賛同し、昭和39年に始まりました。

“すみれ売り”のすみれの造花。すみれは…宝塚歌劇のシンボル。そして宝塚市の市花でもあります。


毎年5月の日曜日2週に渡り、公演の開演時間前に宝塚大劇場前(雨天の場合は劇場内ロビー)にて行われます。

そして長年 “すみれ売り” という名で親しまれてきました。


“すみれ売り”を行うのは、宝塚音楽学校の生徒。
1週目2週目と、予科生・本科生に分かれ行われます。

募金箱を持った生徒、かごに入った“すみれの造花”を持っている生徒らが、「社会を明るくする運動にご協力ください!」と元気よく声をかけます。

そして、募金をして下さった方に、すみれの造花を手渡します。


生徒たちは、緑の袴を着用します。
歌劇団の生徒と違うのは、乙女結びの先に校章が付いているところ。
また着物は黒紋付ではなくそれぞれ違う柄物の着物。大勢の生徒らの袴姿は、とても華やかな光景です。


この“すみれ売り”には毎年多くの人、特に宝塚ファンの方が参加して下さいます。
それは「社会貢献したい!」という思いの他に、「普段、接することのない音楽学校の生徒に間近で接することができる!」という方も多いでしょう。


まだ宝塚歌劇団に入団していない生徒たちですが、宝塚ファンの方にとっては、「やがてタカラジェンヌになる」という特別な存在。
その音楽学校の生徒が、多くの一般の方々の前に出て間近で接するのは、このすみれ売りだけ。

未来のトップスターがこの中から誕生するかもしれません。
「あの子、スターになりそう…」「あの人、可愛い娘役になりそう…」「初舞台を踏んだら応援しよう…」などと青田買い(?)をする人もいたり…。