宝塚歌劇観劇の際の舞台の幕間、皆さんは何をしますか? 
食事をしたり、化粧室へ行ったり、キャトルレーブでお買い物したり、ロビーの大きなモニターでスカイステージを見たり、おしゃべりをしたり……と、観客の皆さんにとってはくつろいだ幕間時間。

しかし出演者にとっては何かと慌しく、休憩どころではありません。


公演中の休憩時間を一般に、幕間(まくあい)と言いますが、宝塚歌劇団の生徒は、“大休憩”(だいきゅうけい)、“小休憩”(しょうきゅうけい)と呼びます。

“大休憩”と“小休憩”の違い、そしてその間、生徒たちは何をするの…?をお話しましょう。


“大休憩”とは?

二回公演の場合の、一回目と二回目の間の休憩。
なので、一回公演の日に大休憩はありません。
時間は、宝塚大劇場では1時間、東京宝塚劇場では1時間半か2時間です。


“小休憩”とは?

一回の公演の途中の休憩。
二本立てなら芝居とショーの間、一本立てなら一幕と二幕の間。
時間は約35分。

他、バウホール公演や特別公演は、出し物の時間によって違ってきます。


“大休憩”と“小休憩”に何をするのか……? それはおわかりの通り、舞台に出るための仕度。
そしてそれは、作品の内容によって違ってくるため、“大休憩”と“小休憩の慌しさも変わってきます。


宝塚の作品は、一本立てか二本立て。
その内容は大きく分けて“洋物”と“日本物”がありますよね。
【洋物と日本物——楽屋での大変度!!】でもお話しましたが、まず化粧が違う…。髪型、衣装の着付けと変わってくる…。
また洋物の中には仕度が大変な“黒塗り”なんていうのもあります。

もし「日本物&洋物」、「洋物&洋物(黒塗り)」、「日本物&洋物(黒塗り)」など、仕度が違う作品の二本立ての場合の“大休憩”と“小休憩は…? 
その二回公演の日なら…? “大休憩”が1時間しかない宝塚大劇場なら…?

ここでちょっとシュミレーション!