この記事に関連のある<ガイド記事>
スタッフの稽古が始まるまで
宝塚テキ Word
集合日って何する日?
タカラヅカ用語集




一般の舞台、映画、TVなどでは、脚本家と演出家が別々な場合が多いですよね。しかし宝塚の場合、脚本家と演出家は同一。脚本を書いた人間が自ら演出も手がけます。ですからここでも「演出家」と一口に呼んでしまいます。

宝塚の演出家は、そのほとんどが座付きの演出家。それを大きく二つに……芝居とショーに分けてみましょう。
まず、芝居の演出家編。

稽古初日の集合日には、まず“本読み”が行なわれます。
作品のあらすじ、意図や時代背景、流れなどについてを演出家は話し、それを出演者である生徒が感じるためのもの。ですからこの段階では、感情面や動きについての演出はしません。

その後、第一場から順番に、立ち稽古を始めます。
台詞がまだ入っていない(覚えていない)生徒は台本を手にしたままですが、動きを付けてゆきます。

「下手から出てきて……」「その台詞の間は椅子を使いましょうか……」「上手に引っ込んで……」「ここで、この花を相手に差し出して……」
そうした指示を、場面ごとに演出してゆきます。

あまり事細かに動きを指示するわけではありません。大まかな部分、芝居の段取りとして決めておかなければならない部分だけ。

台詞が入り全場面の段取りを把握してゆくにつれて、生徒たちは感情を入れて動くようになります。ここが、演出家の腕の見せ所かもしれません。

実際舞台で演じるのは生徒本人。だからと言って、自分の思いのままに芝居をしてしまったら、演出家のイメージから外れてしまうこともあるでしょう。
度重なる立ち稽古の中、「今日はこうやってみよう。」と生徒たちがぶつけてくるものを、それが良いものであればOKを出し、間違った方向に進んでいればNGを出し…。

そうやって立ち稽古を進めてゆく間にも、振付や歌稽古は平行して行われ、ダンスや歌もどんどん立ち稽古に入れてゆきます。
ダンスや歌が入ってくると、またそれで芝居の動きや感情が変わってくるのはもちろんのこと。