芝居、ショーとも、演出家はいつも稽古場にいるわけではありません。スタッフ会議で何度も練られた案も、稽古が進むにつれて変更箇所などが生まれてきます。なので、各スタッフとのさらなる打ち合わせ。
ですから、演出家なしで稽古を行なう日も度々あります。

舞台稽古前になると、1本立ての場合なら1幕と2幕、2本立ての場合なら芝居とショーを通しての本通しを行ないます。

ここまで来ると、ほとんどはもう生徒に任された生徒のモノ。しかし演出家のダメ出しは、舞台稽古はもちろんのこと、初日が開いてからも続きます。


演出家とは——イメージを与え、それを生徒たちがどう演じるか、どう踊るか、どう歌うかを見守り、何度もやらせて感じさせ覚えさせ、時にはじっくり話し合い……。ひたすらダメ出しをし、または誉め……。

すべてを「こうあるべきだ!」と教え込むのではなく、生徒たちの力を引っ張り出し、良い方向に導いてくれる羅針盤のような存在と言えるでしょうね。
とにかく……根気のいる仕事。


金曜日発行のメールマガジンでは、お楽しみコラム、宝塚ファンサイトの更新情報やお知らせなどをご紹介しています。週末のちょっとした暇つぶしに、ぜひ読んでみて下さいませ。
ご購読はこちらより


【編集部おすすめの購入サイト】

楽天市場で宝塚のCD・DVDを見る

Amazonで宝塚のDVDを見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。