「生徒席って何ですか…?」このご質問を度々頂きます。「生徒席」という言葉は何度となく聞いたことがあるけれど、初心者ファンの方をはじめ、詳しくご存知ない方も多いようですね。

生徒席とは——“生徒が申し込める公演のチケット”のことを意味します。

生徒だって出演者ですから。自分が出演している公演のチケットを申し込めて当たり前。
その公演の稽古中に「生徒席の締め切りは●月●日です~」という告知があり、その日までに所定の用紙に書き込んで申し込みます。

この生徒席、申し込める枚数が非常に少ない! 一回の公演につき、一人一応3枚まで。初日や千秋楽ともなれば、下級生は2枚または1枚しか申し込めません。

もし「その日、5枚欲しい!」という生徒がいたとしましょう。その場合、どんなに上級生でも、まずは3枚。じゃあ残りの2枚は? 
研1さんまで3枚順番に席を回してゆき、その後に残りの2枚を確保できます。

つまり、残りの2枚は2巡目となり、研1さんより後ろの席になるというしくみです。
でも、一般の方のチケットの売れ行きいかんによっては「3枚以上は無理!」と断られることもしばしば。

席順を言うと……センターブロックより上手側。その最前列から上級生順に割り当てられます。
上級生順ですから、組長さんより。組長さんより学年が上の専科さんが出演していれば、もちろんその専科さんから。