「男役10年」という宝塚用語があります。男役として完成されるまでに10年はかかるという意味。芝居をしても歌っても踊っても男に見せなくてはならない。なんて大変なの!? だって本当はみんな普通のカワイイ女の子だもん。そのために努力するのよ、男役さんは。

まず声。セリフを言う時、意識して低いトーンで話す。もともと声が低い人は楽だけど、そうでない人は発声などで低い声をスムーズに出せるよう練習します。歌も同じで、ファルセットで歌うことの多い娘役に対して男役は、低い音を地声で歌えるよう練習する。このようなレッスンは、音楽学校での授業から行われます。

そしてダンスや所作(動き)。男役として踊ったり芝居をする時、女の子のようにかわいかったりナヨナヨしていてはちょっとね。いかに男っぽく踊るか、男っぽく歩くか。手を前に差し出す——たったそれだけのことでも、意識し、研究し、上級生を見て学ぶべきところは盗んだり、洋画なんかを見てラブ・シーンの勉強をしたり。努力とそれからセンスの賜物で、かわいい女の子が少しずつ「男役」になってゆくのでしょう。

「衣装、化粧も芸の内」と言われるけれど、男役を作り上げる上で衣装の着こなし方、化粧方法も重要なポイント。化粧は眉毛を太くする、地色(ドーランの色)、口紅、アイシャドウや鼻立て(ノーズシャドウ)の色を娘役より暗い色にするなど。衣装に関しては肩パッドを入れる、胸をぺしゃんこに見せるための“胸押さえ”という下着(和装用の下着のような)をするなど、ここでも努力とセンスが大切です。