毎年5月末になると宝塚音楽学校生徒による“すみれ売り”が行われます。これは募金活動の一環で、本科生と入学したての予科生が緑の袴姿ですみれの造花を売り、募金を募るというもの。

予科生にとってはこの日が初めて、タカラジェンヌのタマゴとして人前に出るイベントであり、また憧れの緑の袴を初めて着用できる日でもあります。

4月初めの宝塚音楽学校合格発表の日、晴れて予科生となった合格者たちはまだ喜びの興奮さめやらぬ中、グレーの制服と黒紋付の着物、そして緑の袴の採寸をします。仕立てるのはもちろん阪急百貨店。

そう! これが着たかった! 舞台に立つようになってからの豪華な衣装より、今はコレ! グレーの制服の着用は2年間で終わりますが、紋付と袴はタカラジェンヌである限り、ずーっとお付き合いするわけです。

宝塚をあまりご存知ない方の中には「緑の袴はタカラジェンヌの制服。だから毎日のように着る」と思っていらっしゃる方が結構大勢いますが、これは大きな間違い(そ、そんな、め、面倒くさいことイヤだ……)。

実は一年の内にほんの数回しか着ません。それはやはり特別な時。簡潔に言ってしまうと、宝塚歌劇団の生徒として式典やイベントに出席する時。

例えば——花束贈呈などをするイベントや何かの記念式典、元旦に新年の挨拶をする拝賀式、海外公演先でのレセプション、観桜会、劇団葬などなど。
文化祭や初舞台、退団公演の千秋楽、記念式典など舞台上で着る時もあります。

また身内や知人の冠婚葬祭にも着用できます。「今日はちょっと着たい気分!」と気軽に着ていいものではないんですね。