「代役って大変だぁ~! Part1 代役をするまで」をまだ読んでいらっしゃらない方、先に読んで下さい。あっ、必ずここに戻って来てよ!………読みました? では始めましょう。「本日○○さん休演します!」というニュースが流れた瞬間から……

——楽屋は密やかな
修羅場と化します——

“自分は何の代役”ということはわかっていても、確認したくなるのが代役表。だから楽屋に張ってある代役表をとりあえず再度確認。

“○○さんが休演しても、私は関係ないし……”でも、どこで関係してくるかはわからないのが代役。
代役の人と組んで踊るとか、隣で踊るとか、芝居で絡むとか。

同期に代役が付いている場合もある。できることを手伝ってあげなくちゃ。直接関係しなくても、決して人ごとではない。そして代役が付いている人は

ここからがタイヘ~ン!

やることは沢山。
衣装部さんに行って休演する本役さんの衣装を合わせてもらう。衣装が衣裳部屋にない時は、早替り室に行って探さなきゃ(これはだいたい、休演者の同期が探して持ってきてくれる)。

サイズがどーしても合わない時は直してもらう。衣装部さんも大変だぁ! 早替りの段取りなんかも変わるから、それのチェックや用意。