この記事に関連のある<ガイド記事>
代役って大変だぁ~!Part2





どれほど健康に気を使っていても、病気やケガには勝てません。まして連日の舞台で体が疲れていると、なおさらのこと。また舞台という危険なスペースで踊ったりしているわけだから、骨折や捻挫なども起きやすい。

それでもみんなギリギリのところまで頑張っちゃう。肋骨にヒビが入っていても、熱が40度近くあっても舞台に出てる人、たくさんいます。“ナゼそこまでして?”と思うでしょう?

休演する=舞台に穴を開けることだけは、絶対に避けたい——
タカラジェンヌに限らず、これは役者のプロ根性でしょうね。

でもタカラジェンヌだって人間。どーしても舞台に立てない場合は、休演をしなくてはなりません。そのために代役がちゃんといるのです。

休演者が出た場合、TVドラマや映画なら撮影の日時を延ばし、その間に代役の人はセリフを覚える……ということが出来るけど、舞台はナマ物。たとえ開演10分前に誰かが休演することになったとしても、舞台の幕は無情にも開きます。

宝塚の場合、全場面・全役の代役があらかじめ決まっていて、生徒は自分がどの代役がついているかを把握しているけれど、この代役表が発表されるのは初日近くなってから。初日に向けて、自分の役で精一杯の時期。