2004年の宝塚歌劇。大きな話題もありました。
この1年を振り返ってみましょう。


今年一番の話題は、何と言っても創立90周年!
「90周年だからこそ…」の特別公演やイベントがたくさん行われ、メディアに取上げられる機会も、例年より多かった年となりました。




理事3名、各組トップコンビの特別出演

花組公演「飛翔無限」(1月1日~2月16日宝塚大劇場・3月26日~5月2日東京宝塚劇場)に、歌劇団理事でもある専科の春日野八千代さん、松本悠里さん、轟 悠さんの3名が特別出演。祝舞を踊りました。

ショー「アプローズ・タカラヅカ!」—ゴールデン90—には、各組のトップスター&トップ娘役が数場面、数日間ずつ交代で出演(宝塚のみ)しました。

宝塚大劇場初日には5組のトップスターが口上を述べました。


記念式典

4月1日、宝塚大劇場において、90周年記念式典が行われました。東京公演中の花組を除く生徒、宝塚音楽学校生の計410名が出演。
初日に先駆けて、雪組公演「タカラヅカ・グローリー!」も上演されました。


総勢90名のラインダンス

雪組公演「タカラヅカ・グローリー!」(4月2日~5月10日宝塚大劇場・6月11日~7月11日東京宝塚劇場)にて、第90期生である初舞台生も加わった90名ものラインダンスが披露されました。


特別公演「花供養」

日生劇場(9月1日~9月23日)において、専科・轟 悠さん主演の「花供養」が上演されました。


大運動会

10月12日、大阪城ホールにて、宝塚歌劇団生徒、宝塚音楽学校生徒の合計約500名による大運動会が催されました。
優勝したのは月組!

 
タカラジェンヌの運動会


特命チーム

特命チームと名付けられた8名の男役スター……【専科】の初風 緑さん・樹里咲穂さん、【花組】瀬奈じゅんさん、【月組】霧矢大夢さん、【雪組】貴城けいさん、【星組】安蘭けいさん、【宙組】水 夏希さん・大和悠河さん……が、他組へ特別出演しました。

また月組公演「飛鳥夕映え-蘇我入鹿」では、【花組】瀬奈じゅんさん、【雪組】貴城けいさん、【月組】大空祐飛さんの3名が、3役を役替わりで演じました。

 
役替わり公演

 


1 / 2 / 3 次へ>>