一般的に「ダブル・キャスト」「トリプル・キャスト」と言われ、一つの役を数名の役者が交代で演じる場合の公演を、宝塚では【役替わり公演】と言います。

6月25日より始まる月組宝塚大劇場公演『飛鳥夕映え』は、それに当たります。

この役替わり公演は、そう度々行われるわけではありません。
皆様の記憶に新しいであろうここ数年の役替わり公演は……

1999年 雪組公演
『ノバ・ボサ・ノバ』~盗まれたカルナバル~

2001年 宙組公演
『ベルサイユのばら2001—フェルゼンとマリーアントワネット編—』

2002年 特別公演
『風と共に去りぬ』

2004年 宙組公演
『白昼の稲妻』(東京宝塚劇場)

 

【役替わり公演】と一口で言ってしまいましたが、大きく2つに分けてみましょう。


1)取替えっこ型

例——『ノバ・ボサ・ノバ』~盗まれたカルナバル~

安蘭けい
成瀬こうき
朝海ひかる
 
マール
4/2~4/13
4/15~4/27
4/29~5/9
5/10

ブリーザ
4/2~4/13
4/15~5/9
5/10

メール夫人
4/2~4/13
4/15~4/27
4/29~5/10

 

ご覧の通り、A役が終われば、次はB役。
この3名の生徒は、公演期間中、どれかの役を演じているというわけです。

『ベルサイユのばら2001—フェルゼンとマリーアントワネット編—』も同様で、 “オスカル”“アンドレ”の2役を、彩輝 直さんと水 夏希さんが交互に演じていました。

 


1 / 2 / 3 / 4 次へ>>