毎年3月下旬から4月上旬に行われる宝塚音楽学校入学試験。合格発表の映像は毎年ニュースで流れ、タカラジェンヌになりたい少女たちを追ったドキュメンタリー番組なども放送され、宝塚をご存知でない方も、その難関度はおわかりでしょう。

タカラジェンヌ=宝塚歌劇団生徒になるための学び舎、宝塚音楽学校。
それはどんな学校なのか…?をご紹介しましょう。
 

宝塚音楽学校生の年齢と人数

宝塚音楽学校入学試験を受けられるのは、その春中学校を卒業した人から、高校を卒業した人まで。よって一学年に、中卒、高1中退、高2中退、高卒で入学した人がいて、同じ期(学年)でも年齢の幅があります。
例えば…女優として活躍中の元タカラジェンヌ、黒木 瞳さん、涼風真世さん、真矢ミキさんは同期生(67期生)ですが、入学した際の年齢が違うため、それぞれ年齢が違うわけです。

入学したての一年目を予科生、そして二年目を本科生と呼び、合わせて2年間、舞台人に必要なものを修得します。
一学年の人数は、その年によって合格者数が違うため異なりますが、約40名。
常に約80名の生徒が学んでいます。

 

授業内容

宝塚音楽学校undefined授業

宝塚音楽学校 授業


予科生、本科生はそれぞれ、Aクラス、Bクラスの二つに分かれています。Aクラス、Bクラス別々の授業もあれば、合同の授業もあります。

ほとんどが舞台に立つ上で必要な実技ですが、譜面を理解するための【楽典】も長年教えられてきました。
以前は、礼儀作法を学ぶための茶道や、団体で一つのものを作る鼓笛、三味線や琴などの和楽器や狂言、英会話などの授業もありましたが、現在は、舞台に直結したカリキュラムに変更されています。

授業1コマは80分。休みは日曜日のみで、月曜日から土曜日までみっちり授業が行われています。お昼休み50分を挟み、18:30まで授業がある日もあります。