時間をかけずに書こう

日報とは名の通り、定期的に毎日書くものです。ですから時間をかけずに仕上げましょう。悩んで書いていると、あっという間に時間が経ち、残業になってしまいます。では、速く書くコツを3つご紹介します。

1.日報用の書式を使う
あなたの会社では、日報の決められた書式がありますか? もしなければ、自分で作ってしまいましょう。そのときはビジネス文書の書式でなく、表形式にするのがおすすめ! 空白箇所を埋めるだけなので、ダンゼン速く書けるからです。そもそも日報は社内で読むものなので自由度も高いのです。また、パッと見てわかる日報は、忙しい読み手にとってもありがたいものです。

2.使い回し&コピペしてOK
日報を保存しておけば使い回しができます。たとえば、今月の目標は1か月間そのまま、書き直さなくてOK。前日に書いた「明日の計画」は、翌日の仕事になるので、コピペして済ませましょう。 

3.スキマ時間に書いてしまう
スキマ時間を活かそう

スキマ時間を活かそう


外回りの多い営業職は、アポとアポの間など予想外のスキマ時間ができてしまうことがあります。また移動時間だってあることでしょう。もし、ぽっかり時間ができたなら、先回りをして日報の項目を埋めておくのも一案です。できる人は時間の使い方もうまいものです。

最後のページでは、日報を書くメリットをお伝えします。