フライパンで白身魚のキャベツ蒸し

所要時間:45分

カテゴリー:メインのおかず蒸し料理

 

春の柔らかキャベツで蒸し焼きを

フライパンだけですぐにできる、旬の柔らかいキャベツを使った蒸し焼き。キャベツに包んで蒸すことで、魚の身がしっとり、ふっくらと仕上がります。風味豊かな、この時期にぴったりのレシピです。

【関連記事】

白身魚のキャベツ蒸しの材料(4個分

材料
キャベツ 内側の柔らかい葉 4枚
白身魚 (鯛、スズキなど)6センチ角を4枚
50cc+100cc
日本酒 少々
少々
レモン 適宜

白身魚のキャベツ蒸しの作り方・手順

作り方

1:

キャベツの葉を一枚ずつはがし、芯の部分は薄く剥ぎ取る。なお中心に近いかなり小さな葉を使う場合は、ひとつの切り身に対してキャベツの葉を2枚使う。
フライパンに水50cc程度とキャベツの葉を入れて中火にかけ、キャベツの葉がしんなりと少し柔らかくなるまで、数分火を入れる。

2:

キャベツを取り出して広げ、塩と日本酒少々をまぶした魚の切り身を置く

3:

まずキャベツの上の部分を切り身にかぶせる

4:

葉の両側を折りまげる

5:

最後に芯の部分を折って包む

6:

キャベツの芯の部分を下にして、先ほどキャベツを蒸したフライパンにそのまま並べる(フライパンを洗う必要はない)。
水100cc程度を入れ、フタをして中火にかける(フタがないフライパンの場合、アルミホイルなどで覆う)。

7:

沸騰したら弱火にし、8分ほど蒸して火を止める。フライパンにたまった蒸し汁を魚の切り身にかけ、レモンを絞り、好みで醤油を少し垂らして食べる。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。