生理前こそ「食べて」ダイエット!

生理前の食欲は女性ホルモンによるものだから、自制するのはなかなか難しいところ。でも、太りたくないからなるべくなら食欲を抑えたい……。ダイエットのために食欲を抑えていると、それが返って心身のストレスを呼び起こして過食癖を増大させていることもあります。

ダイエットにおいて大切なのは、四六時中食べないように食欲をコントロールすることではなく、体の欲する時に欲するものを与えてあげて、心身のリラックスをはかりつつ、ダイエットを頑張る時と休憩する時のメリハリをつけること。実は、生理前はしっかり食べている人のほうが痩せやすいって知っていましたか?

主食は好きなだけ食べて良し、でも1日5食に分けて

allabout ダイエット,AllAbout 食事ダイエット,AllAbout 阿部エリナ,生理前undefined食欲,生理前undefinedダイエット

間食代わりに最もおすすめなのがおにぎり!

妊娠を想定している生理前は、赤ちゃんの分のエネルギーも確保しようとしているため、普段よりも食欲が増大してしまいます。これは、体の自然な働きなので避けることはできません。体が必要としているものを拒んで無理に「食べない」ことを続けていると、体は飢餓状態を感じて食べたものを体の中に蓄積し、極力エネルギーを消費しないように代謝の力を落としてしまいます。

 
普段はご飯などの主食の量をセーブしている人も、生理前は食欲に従って主食をきちんと食べましょう。ただし、主食だけを延々と食べるのはNG。血糖値の急激な上昇を招いて太りやすくなるのはもちろん、PMSの症状が強くなってイライラを増大させるリスクもあります。量は気にせず主食はしっかり食べる代わりに、血糖値の変動を小さく抑えるために、1日5回に分けて食べると良いでしょう。

間食代わりにおにぎりを食べると、むやみにお菓子に手を出さなくなるのでおすすめです。通常の朝食、昼食、夕食ではおかずもしっかり食べて、間食として食べる2回はおにぎりだけでもOK。定期的に糖質を体に補給してあげることで血糖値が安定するので、生理前特有の強い空腹感に悩まされなくなります。

味付けの濃いものを食べて良し、でも野菜をたっぷりプラスして

生理前は体が水分を抱え込みやすく、味を感知する舌の細胞も水分を抱え込むため、普段の味付けでは「薄い」と感じて味付けが濃いものを食べたくなる衝動に駆られます。

なので、いつもは味付けの濃い外食やコンビニ食などを避けている人も、生理前だけは味付けにこだわらず好きなものを食べましょう。油の摂取を控えるために揚げ物を避けていたり、糖質の多いソースやケチャップ、砂糖を料理に使わないようにさっぱりとした料理を食べることが多いという人もいますが、生理前もそのような食事を続けていると、食事への満足度が低くなり返ってお菓子欲が増えてしまいがちです。

生理前は必要量以上にお菓子を食べることのないよう、できるだけ通常の食事で満足できるようなものを食べると良いでしょう。揚げ物もOK、調味料たっぷりでもOK。ただし、腸内から体への吸収を抑えるために、食物繊維が豊富な野菜や海藻類は必ず一緒に摂取するようにしましょう。味付けの濃い料理と組み合わせるので、野菜料理は生や蒸し野菜などで油を使わない料理がおすすめです。

>>ダイエット成功のポイントは生理明け!生理明けの注意点は?