ビタミン、ミネラル、食物繊維を豊富に含むフルーツは、食べ方や時間帯を意識することで、ダイエットにも大いに役立てることができます。

そこで今回は、朝食にフルーツを食べる「朝フルーツダイエット」でダイエット効果をアップさせる方法をご紹介していきたいと思います。

ダイエットのカギとなる「酵素」を知ろう!

ダイエット効果を促進させる酵素が豊富なフルーツ!

ダイエット効果を促進させる酵素が豊富なフルーツ!

消化の吸収を助けたり、毒素排出や新陳代謝を促進する「酵素」は、ダイエット成功のカギとなる成分です。

ストレスを溜め込んだり、食べ過ぎが続くと体内にある酵素がたくさん消費されてしまい、それによって肥満や冷え性、肌荒れなどのトラブルの原因に! 逆に、体に酵素を蓄えることで体内の大切な成分であるビタミンやミネラルも活発に働き、それによって血液の流れが良くなり、体内に溜まっている毒素を排出せてくれる効果が。結果、キレイに痩せるダイエットにも効果的というわけです。

そんな重要な「酵素」は、フルーツに豊富に含まれているもの!
そこで、フルーツを朝食に食べてダイエット効果を上げる理由を理解しておきましょう。

朝食にフルーツを食べる理由

胃が空っぽの状態でフルーツを食べるのがコツ

胃が空っぽの状態でフルーツを食べるのがコツ

私たちの体は本来、午前4時から正午までが最も排泄にふさわしい時間帯なのですが、その排泄の時間帯に米やパン、肉や魚を食べてしまうと、体はこれらを消化・吸収することにエネルギーや酵素を浪費してしまい、完全な浄化活動が後回しになってしまいます。

いっぽうフルーツは、熟す段階ですでに消化が済んでいるため、私たちの体が自前の酵素を使って消化しなくても10~20分で胃を通過してエネルギーを補充してくれます。しかも、フルーツに含まれる酵素は、体内にため込まれた毒素をかき集めて、排泄させるのにも役立ってくれるのです。

つまり、朝の体が排泄の時間帯である時に、消化の作業ではなく、十分な排泄作業を確実に行ってくれるフルーツを食べることがダイエットや美容の秘訣になるというわけです!

次ページでは、「フルーツのダイエット効果&実践方法」を紹介します。