【ア行】

アコード(Accord)
アコードとは、香りの調和をさします。香料をブレンドすることで、そのバランス具合が特に大切です。

アコードとは、香りの調和をさします。香料をブレンドすることで、そのバランス具合が特に大切です。

香りの調和。複数香料のバランス具合。アコードが取れた香水でないと名香とは言えない。しかし、アコードかどうかは個人の印象なので公的な基準値は存在しない。

圧搾法(expression)
主に柑橘系の果皮にある精油を溜める油房があり、傷を付けたり圧搾し精油を作る方法。

アブソリュート(Abusolute)
石油エーテルやベンゼンなどの溶剤を使用して抽出し、抽出溶液より溶媒を留去した物質(コンクリート)をエチルアルコールで精油を抽出し、アルコールを留去したもの。

アニマルノート(Animal Note)
ムスク、シベット、アンバーなどの動物性香料を使った香り。フレグランスに使用する場合オリエンタル系に多く含まれる。現在は、動物保護を考え天然香料はほとんど使われることはない。

アロマテラピー(Aromatherapy)
香りによる生理反応を利用して、心身の健康を保たせたり病気を治療するなどの芳香療法。

アランビック(Alambic)
アラビアで開発された蒸留器が、やがて世界の食品革命を起こす元となりました。

アラビアで開発された蒸留器が、やがて世界の食品革命を起こす元となりました。

蒸留器。アラビアで開発されアルコールが発見され製造された機器。十字軍遠征でヨーロッパに知れ渡る。やがて世界に食品革命を起こす元となる。

アルデハイド(Aldehyde)
強いな香気を持つ合成香料。これを用いた代表的な香水が「シャネルNo.5」。

アンフルラージュ(Enfleurage)
精製した無臭の牛脂や豚脂などを用いて香気吸着する方法。

イミテーション(Imitation)
市販の香水に似せて創作する行為。またはその商品のこと。

インテンシティ(Intensity)
香りの強さや濃度。

インフュージョン(Infusion)
エチルアルコールなどの溶剤。

ウッディノート(Woody Note)
木の香料を使用したウッディノートの代表的な香りである白檀(サンダルウッド)は、樹齢が古いほど効果で芳醇な香りがします。

木の香料を使用したウッディノートの代表的な香りである白檀(サンダルウッド)は、樹齢が古いほど効果で芳醇な香りがします。

木の香料を使用した香り。白檀、シダーウッド、ベチパー、パチュリなど。

エッセンシャルオイル(Essential Oil)
精油。植物の花びら、葉、茎、根、果実から抽出した揮発性の高い芳香成分の油。

オットー(Otto)
水蒸気蒸留法抽出によるローズオイル。