Catのようなしなやかな腰回りをつくるC字ストレッチ

腰は腰椎で形成されていますが、背中は胸椎と言って、首(頸椎)の下から12個の骨で形成されています。特に、1番目、2番目といった首に近い部位が硬くなることで、肩こりや背中の痛みといった原因になるので、しっかりほぐしておきたい部位です。また、骨や関節には、隙間があります。この隙間には、神経や血液が流れているので、ここが詰まることによって体の働きが悪くなってきます。

実際にはそんなに大きく隙間が開くことはありませんが、イメージとして背骨1本、1本の間のスペースが広がるようにC字を描くように動作してみて下さい。すると、お腹がしっかりと丸まり腹筋を使えるようになります。つまり、きちんと意識してストレッチをすれば、お腹は引き締まり、背中の流れはよくなり、しなやかな腰回り、艶やかな背中に仕上がるという訳です。

動作1

動作1

1.坐骨(お尻の骨)が安定した状態で床に沈み、骨盤が動かしやすいように楽な姿勢で座ります。両手を組み、胸の前に伸ばします。


 
動作2

動作2

2.一度大きく息を吸い、ゆっくりと息を吐き出しながら、腕を前に押し出し、お腹を小さく丸めるようにし、尾てい骨から首の後ろまでゆっくりと伸ばします。目線はお臍に。そのまま上半身を左右に揺すりながら、更に両腕を前に押し出し、背中を縦に長く伸ばすようにしましょう。気持ちよく伸びを感じたら、ゆっくりと元の位置へ戻りましょう。