ニキビ

美肌

蒸し暑くても涼しげな美肌を叶えましょう

皮脂の分泌が多いから必ずニキビに発展するわけではありません。過剰な皮脂も肌表面にスムーズに排出されていれば安心。不要な古い角質が毛穴をふさぎ、毛穴の中の皮脂と混ざり合って詰まると、菌が繁殖しやすくなってニキビになるのです。

つまり、前ページの皮脂ケアに加え、不要な角質を取り去るケアが重要です。古い角質を取り除くことができる洗顔料やピーリング剤、拭き取り化粧水、角質ケア美容液などを使いましょう。もちろん、ニキビがすでにできていて、刺激を感じるときは使用を避けてください。

ここで注意してほしいのは、ニキビ対策というと取り去るケアばかり必死になりがちですが、それ以上に水分補給も不可欠だと意識しておくこと。肌の水分が足りなければそれを補おうとして、さらに皮脂がたくさん出てしまうことがあるからです。

そして、化粧水で水分をたっぷりと補給したら、蒸し暑い梅雨でも乳液やクリームをお忘れなく。化粧水だけでは肌の水分が逃げやすくなってしまいます。最近では、さっぱり軽やかな使い心地の乳液も増えていますので、この時期こそ、頼りにしてみましょう。

くすみ

梅雨寒という言葉がありますが、夏目前とは思えないほど急に寒くなる日も少なくありません。そんなときは、血管が収縮してしまうことに。血行が悪くなれば、肌の明るさや透明感が失われ、顔全体が暗くくすんで見えるのです。

顔の血流を促進するには、半身浴で全身を温めたり、蒸しタオルで肌をぬくぬくに整えることがおすすめ。また、ぜひ実践したいのがマッサージです。クリームなど専用コスメを使って顔全体をマッサージ。方法がわからない人は、下から上、中から外、ということを意識して指をすべらせましょう。

うっかり日焼け

雨や曇りの日が続くと、UV対策がおろそかになったりしませんか。でも、油断は禁物。晴れていなくても紫外線は地上に降り注いでいて、薄い雲なら紫外線のなんと80%が通過してしまうのです。

にもかかわらず、陽射しを感じないからとUVケアをしないでいると、夏を迎える前のこの時期にくすみやシミが増える危険性大。日常生活ではSPF30、PA++くらいのUVケアを欠かさず使い、気になるようなら美白コスメも積極的に取り入れましょう。


以上、この時期に悩みやすい肌トラブルについて解説しました。もちろん、これらは年間を通して勃発するものですが、とりわけ高温多湿の梅雨には悩みが深刻化してしまう人も。その原因と解決策を知っておくことで、今まで以上に効果的な対策を講じることができると思います。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。